2015年12月05日

イスラム国のメンバー潜入か?ウォーキングSもターゲット!


【12/05】ラ・パルレのエステ体験
【12/05】グアム旅行ナビ
【12/05】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【12/05】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【12/05】Party☆Party【無料会員登録】

15.12.05.JPG

タイビザニュースを読んでいたら、ちょっと気になった情報が出ていた。政府が発表したようだが、何と10月にISISのメンバーがプーケットに潜入したというのである。


その上、日付は違うが、バンコクの「バックパッカーの聖地」と呼ばれるカオサン地区とパタヤのウォーキングストリートがISISのターゲットに成り得るという発表をしたのです。12月と言えば、プーケットの津波で多くの犠牲者が出た時期です。

そして、冬休み・クリスマスの時期にあたり、多くの旅行者が見込まれる時期とも重なります。8月のバンコク・エラワン祠での爆弾事件もまだ記憶に新しいですが、タイ在住の方も、旅行者の方もくれぐれもご注意してください。

何か経済的な大事件が起こると予想されていた「未年」が、そろそろ終わりを迎えていますが、中国の株価暴落のニュースはあったものの、今のところ、世界中に与えた衝撃は限定的となっています。

ですが、静かにその影響は出始めていると見るべきでしょうか?欧州からの避寒の客は、例年より若干少なくなっているようです。

来年もどうか平和な年でありますように。ゴーイング タイ ウェイ!



セルライト撃退コース

グアム 旅行

NEO MONEY

極GOLD

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 11:37| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

タイ人男女、ウォーキングストリートで大惨事!


【11/07】ラ・パルレのエステ体験
【11/07】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【11/07】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/07】Party☆Party【無料会員登録】



    15.11.07-1.JPG
    事件があったウォーキングストリート

ちょっと嫌な事件が起こってしまいました。場所はパタヤの繁華街、ウォーキングストリートです。今回の事件は外人の在住者や旅行者は含まれておりません。

タイ人男女の事件ですが、二十歳そこそこのタイ人男が、30過ぎの彼女を追って田舎からパタヤまでやってきたのです。

何でもこのタイ人男、軍隊に所属しているようです。別れ話に納得しない男は後を付けてきて、女友達二人と一緒に彼女がファラン相手にしているのを目撃してしまうのです。

そして、持っていたナイフでめった・・・・という事件でした。

パタヤのウォーキングストリートと言えば、本当に多くの観光客がやってくる場所ですし、ツーリストポリスも結構、巡回しているのですが、そんな場所で悲惨な事件が起こってしまったのは残念ですね。男女関係のもつれというのはいたたまれないですね。ゴーイング タイ ウェイ!



セルライト撃退コース

NEO MONEY

極GOLD

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 02:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

足元にはくれぐれもお気をつけて!


【10/30】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【10/30】世界で一つ!あなただけのオリジナル美脚プログラム。
【10/30】グアム旅行ナビ
【10/30】【PARTY☆PARTY】選べる婚活パーティー!真剣婚活♪


    15.10.30-1.JPG
    普通のサンダルだと足の指を引っ掛けたりして危険

私は最初、パタヤに越してきたばかりの頃はずっとサンダルを履いていた。そして、何度も何度も、足の指をいろんな所にぶつけて痛い思いをしていた。

パタヤ(というかタイ全土なのかも知れんが)では特に、足元の注意が必要である。道路が陥没しているのは当たり前で、こちらは注意書きが出ているようなこともある。だが、もっと忌まわしいのが、ちょこっと出たスクリューやネジだったり、平らになっていないコンクリートの小山だったりする。

その他にも、長椅子の足が隠れるように出張っていたり、思わぬ所に思わぬものがあるのである。私は視力が弱く、長年メガネをかけていたせいもあり、視覚が悪い。だいたい、足の指を引っ掛けたり、ぶつけたりした後で分かるのである。癪に障ることは数えきれない。

好みでなかったクロックのサンダルを履くようになると、このぶつけるという事はそれまでの惨事になることはなくなった。クロックなら足の指が保護されているからである。

しかし、底が底なので、滑りやすく、こちらは水に注意しなければならない。大手スーパーのロータスやビッグCで買い物中、鮮魚セクションで床に水が垂れていて、滑って怪我をしそうになったことは数え切れない。タイ人は垂れた水もそのままにしておくのが普通。よっぽど気か利いた従業員でも居ない限り、その水はずっと乾くまでそのままになっているであろう。

いろんな危険があるが、タイでは足元への注意は他所と比べ物にならないくらい必要なことなのである。ゴーイング タイ ウェイ!



THE BED ROOM

太もも

グアム旅行

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 03:47| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

またまた日本人が事件に巻き込まれる


【10/17】サイパン旅行ナビ
【10/17】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【10/17】【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材
【10/17】薄着の季節の黒ずみ対策!『ホワイトラグジュアリープレミアム』
【10/17】脚やせ専門エステ『リフィート』


    15.10.17.jpg
    アントン県にある吉岡さん宅

日本人男性殺害される=内妻の親族関与の疑い−タイ中部
 【アントン県(タイ中部)時事】タイ中部アントン県で13日、日本人男性が自宅で血を流して死亡しているのが見つかった。警察は、現場の様子などから殺人事件とみて捜査を始めた。
 警察や関係者によると、男性は兵庫県出身の吉岡和雄さん(84)。13日朝、自宅2階の寝室で血を流して倒れているのを帰宅したタイ人の内妻(48)が発見した。吉岡さんは首や腹部などを刃物で刺されていた。
 警察は、近くに住む内妻の親族の男(46)の自宅そばのごみ箱から、吉岡さんが3日前に購入した腕時計や血の付いたニット帽、凶器の可能性のあるはさみを見つけた。
 また、男と内妻の間で借金をめぐるトラブルがあったという。警察は、男が強盗目的で事件を起こした疑いがあるとみて行方を追っている。(2015/10/13-18:17)



今日のニュースでは、吉岡さんと同居していたタイ人女性が14万円で、依頼したと報じられていたが、タイ人女性は無実を訴えていた。

まあ、タイではこのような事件は何も日本人に限らず起きている。何時の世でもどんな所でも似たような事件は起こるもの。

しかし、84歳の吉岡さんは悲惨の一言。ご冥福をお祈りする。相手の性格にもよるのだろうが、記事の上からは、内縁の妻と吉岡さんの間で借金のトラブルがあったとされている。

昔から「貸した金はやった金と思え」の例え通りだろうと思う。タイ人のほとんどが、金銭のマネジメントはできないと言っても過言ではないくらい、金銭感覚が無いのが常識。その上、口だけは上手いときては、感情的になるな、という方が無理があるのかも知れない。

しかし、口論から激情し、今回のような事件に巻き込まれることは十分に予測されることである。このようなトラブルは白人の長期滞在、リタイヤ組でも起こっている。そんな時の彼等のアドバイスは一言、「逃げろ!」である。ゴーイング タイ ウェイ!



「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!

NEO MONEY

ネイティブイングリッシュ

ホワイトラグジュアリー

脚やせ
posted by ミスター・ウォーク at 00:33| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

滑るタイルを何故床材に使うの?


【09/06】送料無料・女性100人の声から生まれた妊娠線クリーム
【09/06】ネイティブイングリッシュ
【09/06】GSW JAPAN公式サイト
【09/06】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店


    15.09.20.jpg
    パタヤの至る所で床材にタイルが使われ非常に危ないです

ニュースを見ていると台風がバンコク・パタヤ方面で大雨を降らせているようだ。7年も天候をチェックしていたので、雨季の終盤に猛烈な雨を降らせるのは知っている。

いろんな危険はあるが、以前このサイトでご紹介したが、大雨の季節なのでもう一度書くことにしよう。

ご覧の写真はパタヤの南地区にあるロイヤルガーデンのビーチ寄りの入り口である。ご覧の通り、床材に滑る材質のタイルが使われている。

これが非常に危ないのです。乾いていてれば問題は無いのですが、濡れていると最悪。サンダルなら、「氷上の格闘技」にまで発展してしまいます。

用心して歩いていても滑るくらいですから。特に反射神経が鈍くなった高齢の方は十分にご用心ください。

ついでに書いておきますと、タイでは室内であってもタイル張りの床材では気をつけてください。特に風呂上り、シャワー室から出てきたところで、すってん転がりということも多々ありますから。危ない橋は当たらない方が無難ですが、シャワーでは仕方ないですね。ゴーイング タイ ウェイ!



女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

ネイティブイングリッシュ

GSW JAPAN

THE BED ROOM
posted by ミスター・ウォーク at 01:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

【緊急】タイ旅行はキャンセルすべきか、爆発テロにウィグル族犯行説急浮上

    15.08.21-3.JPG
    パタヤも国際観光都市ですから十分に注意しましょう

つい先程まで、今回のバンコクでの爆発事件、組織的なテロの犯行には否定的な筆者でした。

ところが、最新のニュースが出ておりましたので、緊急にそれをお伝えしたいと思います。

東亜日報によりますと、バンコクポストの報道として、当局が今回の犯行をウィグル族による可能性があるとしているそうです。

それによると、中国人を狙ったウィグル族の報復の可能性を探っているようです。発端は先月、中国において弾圧されていたウィグル民族がトルコに逃げるために入国した際、数百人がタイ当局に逮捕され102人が中国へ強制送還になったとあります。

それに対する抗議として在イスタンブールのタイ領事館にウィグル人が乱入して抗議行動を行ったそうです。

駐タイ中国大使館はタイの当局に対し、テロへの警戒と十分な警備をタイ当局に要請していたそうです。

今回の事件での死亡者は20人以上とされていますが、その中には少なくとも5人の中国人観光客が含まれており、事件のあったエラワン祠は中国人観光客にも人気がある観光スポットだということです。

タイの警察当局はが「組織的犯行」とする中、渡航注意勧告を発した国は23か国にのぼり、その内一番重い注意ランク3(旅行を控えるように)を出した国は中国、英国を始め10か国になるといいます。(日本はランク2)

旅行会社主催のツアーはキャンセル・延期等の措置がとられることと思いますが、個人旅行に関しては、十分に注意して危なそうな場所には近づかない方が賢明でしょう。タイにお越しの方は「安全で楽しい旅」になりますように。ゴーイング タイ ウェイ!












posted by ミスター・ウォーク at 16:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロの可能性?タイ旅行の予約はキャンセルすべきか?


【08/21】グアム旅行ナビ
【08/21】今やらないでいつやるの?婚カツ!!
【08/21】脚やせ
【08/21】ネイティブイングリッシュ


    15.08.21-2.JPG
    バンコク・スワンナプーム空港

新聞報道などによると20数か国の国々がタイへの渡航注意を喚起したとされています。

中国、マレーシア、フィリピン人と海外からの観光客の犠牲者が出てしまったので、諸外国の反応には無理からぬところがあると言えるでしょう。

現軍事政権にとってはまずまず安定して政権運営をしていたのですから痛手にはなるでしょう。テロに関しては、今の処、警察当局はタイ南部のテロの関与を否定しています。

タイ経済に与える影響は小さくないでしょう。すでに、爆発のあった翌日に観光関係の会社株が2.6%も急落する事態となっています。それから、下落したルーブルによる景況もあり急減していたロシア人観光客の代わりに急増してきた中国本土からの団体客ですが、今回の爆発事件の影響がどの程度になるのか現時点では判断は難しいと言えるでしょう。

業界が発表していた中国からの観光客の予測によると、10月には80万人がタイを訪れるとしていました。しかし、今回の爆発事件の景況が長引くようですとこれらの数字が変わってくると思われます。

詳しい原因とそれに対する予防措置は、今後の捜査を見守る必要があります。しかし、訪タイ30年、在住タイ8年の私から見ると今回の事件は限定的になると思っています。

理由の一つは、どうやらこれは組織的な、少なくともそれなりに大きなグループの犯行とは思えないからです。もし、個人的、或は小グループによる犯行となりますと、継続して犯行を重ねる意味が問われてきます。

犯行声明がどこからも出ていない点を考慮すると、今後、何事も起こらないと保証はできませんが、普通の注意をしていれば、「巻き添え」にならなければ、普段の暮らしに支障はないと考えます。

旅行をキャンセルすべきかどうかという点に関しては、主催する会社でしたら、万全を期する方が賢明でしょうが、個人旅行でしたら、自己判断によりますが、まず影響はないと考えられます。ゴーイング タイ ウェイ!



グアム 旅行

お見合いパーティーならparty★party

脚やせ

ネイティブイングリッシュ
posted by ミスター・ウォーク at 13:58| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

二日連続爆発事件

【08/19】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【08/19】もう親指王子とは呼ばせない!!【ベクノールEX】
【08/19】いつでも、どこでも、片手間バストアップ!
【08/19】脚やせ専門エステ『リフィート』


    15.08.19.jpg
    バンコクは運河の都です

一昨日17日に続いて昨日もバンコクで爆発がありました。これで連日の爆発事件となります。

二日目の爆発はチャオプラヤ川の船発着場所で、幸いにも怪我人は出ておりません。監視カメラには黄色いシャツの男が映っており、荷物を持っている映像と持っていない映像が映し出され、何かの手がかりになるかと警察が男の行方を追っているとのことです。

それにしても17日のエラワン祠での爆発は死者22人、負傷者125の上るとされ、巻き込まれた外国人も日本人を含め、中国、マレーシア、フィリピンと外国人犠牲者は少なくとも7人を数えるとしています。

タイ国家警察によると「あらゆる可能性を排除しない」とコメントしているが、当面、まだ何も解っていないということであろう。

18日、昼過ぎにはエラワン付近の交通解除も行われたようですが、多くの国の報道機関が現場からレポートしていたということで、今後、タイの観光産業が影響を受けるのは必至でありましょう。

今の軍事政権が比較的安定をもたらせていたタイで、このような多くの犠牲者を出す事態となったことは政権に与える影響も大きいとして、犯人は政治的意図を持ったグループとの見方も出ています。

さて、田舎ではニュースはニュースとして、毎日、同じような「安定」した生活が続いております。景気は悪いけどね。ゴーイング タイ ウェイ!




THE BED ROOM

ベクノールEX

グアム オプショナルツアー

GSW JAPAN
posted by ミスター・ウォーク at 01:45| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

【速報】バンコク:エラワン祠付近で大爆発、12人死亡、30人以上怪我



【08/18】女性も安心☆婚活サイトならココ!!
【08/18】モリンガ「美臭美人」
【08/18】脚やせ専門エステ『リフィート』
【08/18】アフィリエイトフレンズ



    15.08.18.JPG
    エラワン祠は毎日、参拝客でごった返し

昨晩、臨時ニュースが入ってきた。タイの首都バンコクの中心、エラワン祠で有名なラチャプラソン交差路で大爆発があったようだ。

約20名が怪我をしたとあり、それ以外にも数台の車に被害が出たもよう。タイ:PBSニュースが伝えるところによると、この爆発が手りゅう弾によるものなのか、爆発物を仕込んだ車によるものなのか、まだ解っていないということである。

突然、こんなことも起こり得るのがタイランドでもあります。が、別にタイでなくとも、こんな時代ですから、「何時、何処ででも色んな事故は起こります」。

今後の捜査を待たねばなりませんが、それにしても一体、何者が何の目的で爆発などを起こしたのでしょうね。

因みにこのエラワン祠というのは、地元タイ人にも有名で、インドラ神が乗っている三頭の象のこととされるのですが、ここでは仏法の守護神とされるブラフマー神を祀っているようです。

願い事が叶うとされ、信仰者も多く、バンコクのパワースポットとしても有名です。





お見合いパーティーならparty★party

モリンガ美臭美人

脚やせ

アフィリエイトフレンズ
posted by ミスター・ウォーク at 00:25| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

タイも異常気象と言えるのかも

    15.07.31.jpg
    僅かひと月前までは旱魃で道路が陥没していたのがウソのよう

今年のタイはこれまで随所に日照り、旱魃による被害が酷かった。あまりに雨が降らず、貯水池の水位も下がる一方なので政府は農民に田植を控えるように呼びかけていた。

写真にもあるように、ひと月ほど前にはタイ東北部イサーンのあちこちで旱魃による影響で道路の陥没が随所で起こり問題となっていた。危険の告知はつい最近まで続いていた。

それから、二週間もしない間に一気に雨が多くなった。今度は毎晩のように降る。それが冷たい雨だったり、湿って暑苦しい雨だったりと体に悪い雨である。この変は雨で去年は体調が優れなかった思い出がある。

こちらのイサーンの住民にこの天気の様子を聞いてみると、なるほどと言えることもある。大概の連中はこの気候を決して嫌ってはいない。はっきり嫌いだというのは私くらいなものである。この雲や雨は農作民にとっては恵みの雨であり、暑くないし、過ごし易いと取られているのである。

うっとおしくて、洗濯物も乾かず、なんて文句を言う者はいないのである。それでいて、寒かったり暑かったりで体調を壊すくせに、それよりも農作物の方が大事なのであろう。

さて、ずっと雨が無かった後、降り出したら止まらなどころか、毎日の雨である。今年はどうも長雨になるような気さえするイサーンである。ゴーイング タイ ウェイ!




















にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 01:32| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

抗生物質の過剰摂取に「警告」

   15.05.19.JPG
   タイでも同様に抗生物質を処方されるケースが多い

中国が危険なのは今更指摘することもあるまい。しかし、記事によると日本でも随分抗生物質が処方されているようである。詳しくは記事をお読みいただくとして、タイでも常識ってくらい必ず抗生物質を処方される。

私はなるべく医者に行かずに自然治癒を選択する方であるが、医者に出されれば「飲まなきゃいかん」と思ってしまうので、やはりなるべく医者は避けようと努力はする。

いろんなケースがあるので、一概には言えないが、一般的に言ってタイでも抗生物質の投与は多いと思わざるをえない。

風邪には無効と出ているが(ウィルスと細菌の違い)、薬局でも風邪に対し抗生物質を薦めることが多い。

なるべく飲まないで済むように普段からの健康維持は大切ですね。


http://www.iza.ne.jp/topics/world/world-6278-m.html
抗生物質の過剰処方に“警告” 「薬効かない菌」世界で拡大
抗生物質などの薬が効かない薬剤耐性菌が世界で急速に拡大している。抗生物質の使いすぎなどが背景にあるとされ、事態を重く見たWHOは対策を強化した。
《薬剤耐性菌》
薬剤耐性菌とは、その名の通り、抗生物質などの薬剤に対する抵抗力を備えた細菌。こうした菌が増える背景の1つには、抗生物質の乱用があると言われている。
WHOが報告書<2014年4月>
■「薬剤耐性菌が世界各地で広がっている」
世界保健機関(WHO)は2014年4月30日、抗生物質が効かない薬剤耐性菌が世界各地で広がっているとの報告書を発表。WHOは114カ国からのデータを基に調査、報告書を作成。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」
■貧困国に限らずあらゆる国で拡大
WHOのフクダ事務局長補はジュネーブでの記者会見で「貧困国など一部の国だけでなく、あらゆる国で拡大している。極めて深刻な状況だ」と強調した。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」
■日本でも淋病の治療で抗生物質が効かないケース
日本やフランス、南アフリカなどでは淋病の治療でセファロスポリン系の抗生物質が効かないケースが確認された。強力な抗菌薬カルバペネムが効かない肺炎桿菌も世界的に広がっており、一部の国では半分以上の感染者に効かなかったという。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」
■抗生物質の処方を必要最低限に抑えるよう忠告
報告書は、抗生物質の処方を必要最低限に抑えるよう医療従事者らに忠告。一般の患者にも、医師が処方した時のみ抗生物質を使用するようにと呼び掛けている。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」

2014年4月30日、ジュネーブで記者会見するWHOのフクダ事務局長補(共同)
英首相発起チームが初の報告書<2014年12月>
■年間1千万人が耐性菌によって死亡?
英首相が立ち上げた耐性菌に関する調査チームは2014年12月に初の報告書を公表。効果的な措置を講じなければ、耐性菌による年間死者数は50年に現在の70万人(推定)の14倍以上に当たる1千万人になると予測した。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測
■アジア473万人で最大
地域別ではアジアが473万人で最も多く、アフリカ415万人など。耐性菌拡大に伴う医療費負担増大も懸念されている。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測
■「手術の際に感染症の危険が大きく…」
報告書は「効果的な抗生物質がなくなれば、手術の際に感染症の危険が大きく高まる」と指摘。「世界各国、特に(中国やインドなど)新興国にとって保健、経済上の深刻な結果をもたらす恐れがある」と警告。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測

WHO総会で議論予定<2015年5月>
■行動計画策定へ
2015年5月のWHO総会では耐性菌対策に関する行動計画策定に向けた議論が行われる。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測
“感染症のデパート”中国で相次ぐ薬剤耐性菌の出現
■中国安徽省で採取の菌にペニシリン効かず
安徽省の研究機関「細菌耐薬監測」によると、同省内で採取された黄色ブドウ球菌のペニシリンに対する耐性率は、 2012年の86・1%から94・4%に上昇。さらに、日本では黄色ブドウ球菌感染症に処方されている抗生物質、アジスロマイシン(商品名・ジスロマッ ク)に対しても7割以上の耐性を示している。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■12万人が「抗生物質効かない肺結核」
安徽省の衛生部によれば、全国で約12万人があらゆる抗生物質が効果を示さない多剤耐性肺結核を患っているという。これは世界の多剤耐性肺結核患者の4分の1を占める数。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■抗生物質の消費量、世界平均の10倍超
清華大学などの調べでは、薬品全体の消費量に占める抗生物質の量は、欧米諸国では3割程度であるのに対し、中国で は7割に達している。国民1人あたりの抗生物質の年間平均消費量は138グラムで、世界平均の10倍以上とも言われる。中国ではあらゆる抗生物質が薬局で 処方箋なしで購入できる。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■菌が死滅する前に服用を中止
中国では、症状が軽減すると治った気になり、完全に菌が死滅する前に服用をやめてしまう素人処方が横行。その結果、瀕死の状態から蘇った菌が、抗生物質に対する耐性を獲得している。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
日本でも、不必要な処方例が多数
■風邪患者の60%以上に抗生物質
武蔵国分寺公園クリニック院長・名郷直樹氏によると、日本において風邪患者の60%以上に抗生物質が投与されているという報告(平成21年)があるという。
「抗生物質不要の説明は難しい」 風邪診療で探る患者との信頼関係
■「風邪に抗生物質は効かない」
名郷氏はさらに「理屈で考えても、風邪の原因がウイルスであることからすれば、細菌にしか効果のない抗生物質は、ウイルスが原因の風邪に対しては効果がないと考えるのが合理的」と話す。
むしろ下痢などの副作用も…風邪に「抗生物質」は必要ない
食物を通じて人体に入る抗生物質も
■畜産物の餌や水に抗生物質
中国では、畜産物や養殖魚の育成過程でも、感染症のリスクを軽減するため、餌や水に抗生物質を混ぜることが当たり 前。例えば、2013年に問題となったケンタッキー・フライド・チキン(KFC)を展開する米外食大手ヤム・ブランズ中国法人の「薬漬け鶏」には、18種 類もの抗生物質が投与されていたという。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■抗生物質効かない感染症にかかる豚が多発
米ミシガン州立大や中国の研究チームによると、中国各地の養豚場では、ほとんどの抗生物質が効かない感染症にかかる豚が多発。食肉や肥料として流通する糞を通し、人への感染の可能性もあると警鐘を鳴らしている。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:44| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

8歳の妖精シンディー

   15.04.24-1.JPG
   遊びは子供の「サロンごっこ」

親友デル・ボーイの家に滞在中の出来事である。ソン・クラーンの休暇中、奥さんと娘は田舎へ里帰りして居なかった。

そこへ娘の友達シンディーが遊びに来た。シンディーも同じ住宅の住民である。米国人の父親とタイ人母親のハーフである。

デルの話によるとシンディーの父親は女運が悪いらしく、現在の最初と二番目の奥さんと別れ、三番目のタイ人女性は数カ月の付き合いで出て行ってしまったそうだ。

最初の結婚で生まれたシンディーだったが、二番目の奥さんからは余り可愛がられなかったそうだ。

シンディーにとっては父親が頼りなのだろう。だが、すでに50過ぎで心臓を患っている父親は一緒に遊ぶことができないようだ。

私とデル・ボーイが共有プールで泳いでいるのを見て、一緒に泳がせて欲しいと頼んできた。8歳の子が直接、保護を頼んだのだからしっかりしている。

デル・ボーイもシンディーの父親同様、パーキンソン病を患っており、シンディーと一緒に泳ぐなどとても無理。そこで、私が一役買うことにした。

デルの娘と同じ学校に通うシンディーは英語が達者でおしゃべり。大いに笑わせてもらった。

シンディーと一緒に遊んでいると、デルが「家に戻る」と言い残し、プールから出て行ってしまった。

   15.04.24-2.JPG
   子供でも老人でも人間は「色っぽさ」の感性は一生付いている   

私はシンディーと一緒に遊んでいたら、シンディーが私にヘアーサロンの客の役をするように強要した。

何の真似かと思ったら、シンディーは将来自分でサロンを経営する「夢」を持っているらしかった。

プールに仰向けになるように指示され、その通りにすると、ヘアーサロンでやってくれるように頭を洗ってくれた。実に気持ち良かった。

すると、それが終わると今度はマッサージだというのである。おませな子なので、ドギマギしてしまう。

やっと、シンディーから解放され家に戻ると、デル・ボーイが言った。「気をつけないといけない。もし、シンディーが「この人に触られた」とか言われたらアウトだぞ」と。

まさかと思ったが、有り得ない話でも無いと気付き青くなった。シンディーが父親に変な作り話でもしたら、父親から訴えられることだってある。他にも誰かが「あの人は少女と遊ぶ変態よ」とか、近所の人がポリスに訴えたりしたら、その場でアウトだろう。いや〜、全く嫌な世の中だよね。でも、それくらい世の中が乱れているってこと。気をつけなければならない。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:THXX0015&q=%e3%82%bf%e3%82%a4+%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%a4

タイのホテル 予約ならココが便利

http://www.agoda.jp/asia/thailand.html

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

posted by ミスター・ウォーク at 00:22| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

実情を把握して使おうロットトゥー

   15.03.11.JPG
   右が普通のバスで左がミニバン(ロットトゥー)

別名「カミカゼ・タクシー」の異名を取るロットトゥー。パタヤに住んでる7年の間にも、このロットトゥーによる交通事故の話題は何度もニュースで目にしていた。

しかし、パタヤ近辺で私がロットトゥーを利用するのはゴルフ19番で有名なバンチャンへの往復程度だったので利用頻度は少なかった。

ロットトゥーとは一体、如何なる物なのかと言えば、トヨタハイエースのようなバス代わりのミニバンである。中、長距離を利用する客にとって料金はバスより若干割高になるが、安全性を度外視した「早さ」が売りの交通手段である。

例えば、パタヤ−バンコク間のバスだと大体B120からB130バーツ程度だが、ロットトゥーの場合、B150程度なので、金額からしてもそれほど高いという印象は無い。

だが、「早さ」においては全く違う。バスほど停車箇所も時間も少なく、猛スピードで目的地まで行ってくれるのだ。

即ち、それだけ事故が多いのである。「命覚悟」で乗るしかないのである。私も一月のパスポート切り替えの時、パタヤ−バンコクを往復することになったが、バンコクからパタヤに戻るロットトゥーが「本当に間一髪で大事故」になるところだった。できれば、乗らない方が無難な交通手段だと明記しておこう。ゴーイング タイ ウェイ!


Several farang tourists injured in van crash

Mae Hong Son:- A passenger van from Chiang Mai heading to Pai district in Mae Hong Son overturned on a mountainous road Thursday after noon, killing one and injuring 14 others. Several western tourists were among the injured, police said.
Pol Capt Pichit Sekha, the interrogator on duty of Pai police station, was alerted of the accident at 2:35 pm. He was told that the accident happened at the kilometer marker No 81 on the Chiang Mai-Pai Road. He rushed to the scene with rescue officials.
Pichit and the rescue officials found 14 Thai and foreign tourists crying for help at the scene. They came out of the van to wait for help on the road. Many had bleeding wounds. Two passengers were badly injured while a person was killed. The van, which is a shuttle passenger vehicle between Chiang Mai and Pai, was lying on one side in the bush off the road.
Officials rushed the injured passengers to the Pai district hospital.
The passengers told police that when the van was approaching the sharp curve, the van lost control and overturned. Police suspected that van driver might doze off, leading to the accident.
The van No 19 operates under the concession from Prem Pracha Transport Co Ltd. It left Chiang Mai at noon. The accident happened just three kilometers before the Mae Ping forestry checkpoint.
Several road accidents happened on the roads between Chiang Mai and Pai because the roads were built on steep mountains.
Police said accidents happened on the Pai-Chiang Mai Road the rate of two accidents each day. The rate was higher during the rainy season.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:33| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

二人の女に襲われた73歳フランス爺さん

   15.02.11.JPG
   酔っていると特に綺麗に見えるからね!

サウスパタヤのモーテルで二人のタイ人女性に襲われて顔に大怪我を負った降らす人の爺さんがニュースに載った。

詳細はまだ分かっていないようだが、いずれにしても以前も書いたように「二人相手」はリスクを伴う。

どうやら今回はレディーボーイではなさそうだが、もしかするとレディーボーイだったのかも知れない。

パタヤのオカマは中には女性より綺麗なオカマもいるからね。まあ、女性二人と考えるとそれほど若い子ではなかったように感じる。

何事かで揉めたようだが、室内は争った様子だったと書かれている。それほど争うこととなると先ず浮かぶのが「金銭トラブル」だろう。最初に値段を決めないでやる事をやってからとなると揉めるケースも多い。二人一緒だったら尚更であろう。

いずれにせよ、再度指摘したいのは、よほどのことがない限り、「二人同時のお持ち帰り」は慎みたい。ゴーイング タイ ウェイ!

Frenchman assaulted at South Pattaya Motel

A Frenchman sustained serious facial injuries at a South Pattaya Motel on Monday Morning and Police are now searching for two Thai women who are accused of conducting the vicious assault.
Police and medics were called to the Rich Motel on the South Pattaya Road after the occupier of room number S11, Mr. Lazare Ksouri aged 73, summoned assistance but soon collapsed close to the entrance of his room.
Inside the room blood stains were evident and signs of a major disturbance were found by Police. The owner of the Motel was not able to confirm when the two Thai women left the room but did confirm they accompanied Mr. Ksouri there at around 11pm on Sunday Night.
Communication with the victim was not possible due to his injuries and Police are unsure if any items of value were taken by the two assault suspects prior to them leaving the Motel.
The French Embassy in Bangkok has been informed of the assault.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:07| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

決死の白タク利用

   15.01.25.JPG
   白タクとはハイエースのようなミニバンで疾走するのです

無事、全ての日程をこなし実家に戻ってこれた。しかし、それにしても、危うく命を落とすところであった。
タイへ来られた方はご存知だと思うが、公共の乗り物にはバスやタクシーがある。そして、その他に「ロット・トォー」と呼ばれる真っ白いミニバンがある。

数多く走っているので見たことがある方も多いことだろう。ボディーには行き先などの区間がタイ語で書いてあるので、旅行者には利用しずらい乗り物である。

タイ在住者でも、外人の利用客は多いとは言えない。しかし、場所や区間によってはファランに限らず中国人や韓国人などの利用客もある。

タイでのニュースをチェックしていると、この白タクの事故が非常に多いのである。ミスター・ウォークこと拙者はその危険度を知っているので、利用するのは限られた場合だけである。

しかし、今回の滞在ではバンコク−パタヤ間を2往復することになったのだが、その内二度はこのミニバンを利用せざるをえなかった。

ロット・トォーの利点は「早い」「値段が高くない」「便利」などであるが、決死の覚悟で乗らなければならない。

私は早朝、バスでパタヤからバンコクの大使館へ赴き、無事パスポートの切り替えを終え、新しいパスポートを受け取った。そして、その足でパタヤの先、ジョムティェンの入管まで戻り、ビザの移し換えの作業をしなければならなかった。

当然、その日の内ということでスピードが要求された。エカマイのターミナルからエアコンバスはジョムティェンビーチまで行っていないことが判明。そこで、覚悟してこの白タクを利用することにした。

運転手の親父が年寄りで、途中、猛スピードで走りながら車間距離を開けないので、あわや衝突となるギリギリのところだった。本当の「夜6時のニュース」になる寸前であった。

今回は親友デル・ボーイと隣の県まで遊びに出掛けたりして、四度ほどこの白タクを利用したが、最後のパタヤ‐バンコク区間を除き、危険度満点の白タクであった。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 21:11| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

殺人犬の恐怖

   15.01.05.JPG
   野良犬もいれば放し飼いの犬もいるし用心が肝心

チャン島のホワイトサンドビーチと言えば拙者も以前、行ったことのあるビーチである。事件はそこで起こったそうだ。

4歳の女の子が顔面を犬に噛み付かれたのだ。数か月前にもパタヤのビーチで同じような事件が起こった。

私の師匠であったトニーも棲家からメインロードに出る途中に犬がいると決まって棒きれを持ち歩いていたのが思い出される。

私もうっかり犬と目線が合ってしまい、どぎまぎした経験がある。

何度も経験していることだが、知っている犬でも、「虫の居所が悪い」のか急に吠えだすこともある。

記事の投稿者は言う。「一度、人間に噛み付いた犬は再び噛み付く」と。つまり、再犯の恐れが十二分にあると言うのだ。だが、殺生を禁じる仏教国、あまりその手当てはしないようである。

噛み付かれてからでは遅いのだ。犬には十分注意を払いたいものである。ゴーイング タイ ウェイ!


Dog Attacks 4 Year Old at Koh Chang White Sand Beach

My daughter was attached on White Sand beach at Koh Chang Lagoon Resort on Tuesday morning whilst we were having breakfeast.
She was biiten in the face by a beach mongrel and the staff at the hotel were no help. We rushed her to Bangkok Hospital in Koh Chang and then had to take her to Bangkok Hospital in Chantaburi because the was no surgeon at the Koh Chang hospital but she also needed an eye surgeon and Plastic surgeon.
We were terrfified of the outcome. 4 hours of surgery and a lot of stitching and it looks like things will work out as well as can be expected. Needless to say the Bangkok Hopspital bill was huge.
Two days later back in Koh Chang we had to retrieve our belongings and informed the Royal Thai Police what happened. We were taken back to the scene of the crime and the owners of Koh Chang Lagooon entered the discussions about the incident with the Police and us.
At the end of the day I dont think much will happen. We had photos of the dog that the police did not seem interested in but the hotel owners requested a copy so they could inform the staff to keep an eye on the malafactor. The next day the dog was back on the steps of the restaurant.
The reason for this post is to warn people about the risks of beach dogs not just at Koh Chang but everywhere. In my experiance once a dog bits a person he will do it again. In my country a court order would be issued and the dog taken away.
I made this known to the hotel owners and if it happened again and the outcome was worse they would be in serious trouble. I hope I am wrong but if the dog is not removed odds are it will happen again. No matter how vigilant you are as parents these freak things can happen.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:11| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

屋台の押し売り拒否で襲撃される

   15.01.04-1.JPG
   ストリートベンダーとあるが何を売っていたのか不詳

パタヤのバリハイと言えば、向かいにある島、コーラン島へのフェリーが出る埠頭で有名である。どうやら事件はそのバリハイの近所で起こったようである。

記事によるとスイス人男性はストリートベンダー(屋台や行商など)の押し売りに癖癖していざこざに巻き込まれた模様である。

何を売っていたのか記事では詳細が出ていないが、要らない物を買えと言われても断るしかない。スイス人の立場から言えばそうなる。場合によってはかなりしつこい売り子もいるので、時々、激怒する客もいる。

   15.01.04-2.JPG
   ウォーキングストリートの一番突き当りがバリハイ埠頭

経緯は分からないが、どうやらタイ人のベンダーの方が3人集まったのが状況を悪くしたとも言えるだろう。

いずれにしても、穏便に柔らかく断り、決して熱くならないことが肝心であろう。ゴーイング タイ ウェイ!


PATTAYA: -- In the early hours of Friday, Pattaya Police were called to the Bali Hai Port area to assist a Swiss Tourist who had allegedly been attacked by three Thai street vendors who were reportedly angry that he refused to purchase an item from them.

Police and medics arrived at the scene, close to the Pattaya Sea Rescue Control Center and met with Mr. Henri Kaspar aged 59. He had sustained a deep laceration to his head and told Police that the men used a stick to attack him as he was preparing to leave the area on his motorbike.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:22| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

チェンマイでドイツ人がカモられた話

   14.12.28.JPG
   こういうカラオケボックスなら安全だけどね・・・・

どうやらクリスマスイブに事件が起こったようである。記事によると場所はチェンマイのカラオケバーであるそうだ。

日本でも東京なら新宿あたりの暴力バーでよくある話である。頼みもしないホステスなどが押し寄せ、勝手にいろいろ注文されて、お会計の段になり多額な料金を請求されるというものである。

このドイツ人が頭に来るのはよく分かるよね。何しろ3万バーツも請求されたんだとさ。タイの飲み屋で日本円にして約10万。日本だったら、さながら30万円ってところだね。それで、支払いを拒否したので、失神するまで殴打されたのだそうだ。おー、怖。

記事にもあるが、この手の事件、バンコクのパットポンのバーなどで時々起こることがあるが、パタヤでも事件まで発展しなくてもよくある話である。

ドイツ人って結構、きついのがいるからね。それにしても、警備員と名乗った男は最初からやっちゃんのような雇われだと推測できるからね。確信犯であろう。

やっぱり、飲み屋は知っている所で、ゆっくりやるのがベター。あまり知らない所でじゃんじゃん飲んで騒いですると、後で後悔することも間々あることなので注意が必要ってことでしょう。ゴーイング タイ ウェイ!


Dutchman Beaten Unconscious At Chiang Mai Karaoke Bar
Published by Stickboy BKK
CHIANG MAI: -- A 38 year old Dutchman was knocked unconscious following a dispute over a 30,000 baht bill in a Chiang Mai karaoke bar on Christmas Day.

“Rob” visited the unnamed karaoke bar with a few friends for a Christmas night out but when it came time to check bin things turned sour when he disputed the 30k bill for “some food and a few beers”. The bill was negotiated down to 10,000 baht but he still refused to accept this knowing he was being scammed.

He asked for the police to be called to settle the matter but staff and security had other ideas and the Dutchman says he was kicked and punched by around ten people leaving him unconscious on the street.

Police eventually arrived and took him to the station to file a complaint and say they are investigating the alleged assault.

The Dutchman is just the latest in a long list of foreigners who end up on the wrong side of a mob beating over inflated bills at karaoke bars in Chiang Mai. It’s like the Patpong ping pong show scam on a bigger scale as the bills tend to be 30k plus.

Rip off karaoke bars typically pad bills with extra hourly fees for girls who didn’t join the guests at a cost of around 250b per hour. Then comes additional lady drinks at 200 baht a pop for those in the group and those not that the guest has not agreed to. Throw in charges for mixers, ice, food, gifts and the customer ends up with a final bill that is easily double or treble what it should be.

Many will settle the bill to avoid a confrontation or police involvement when the karaoke girls step aside and let the male “security” do the negotiating which is intimidation and threats.

Just like the Patpong scam, the karaoke con continues despite numerous police reports and media coverage.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:25| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

睡眠薬強盗被害に遭う豪州人教師

   14.12.05.JPG
   例えこんな可愛い美女でも二人連れは敬遠すべし

46歳になる教師の豪州人が二人の娼婦をホテルに連れて帰り、睡眠薬による強盗の被害にあった。

この教師が娼婦に出会ったのはセカンドロードにあるアベニール。ホテルに帰る前に近くのピザレストランでビールを飲みながら食事。トイレに立った隙に睡眠薬を入れられたようだとこの教師は話している。

睡魔に襲われたので、三人してモーターバイクタクシーに乗りナクルアの滞在ホテルへ帰還。しかし、部屋に入ったら眠ってしまったとある。被害額は550ユーロであった。

先方から誘ってきた時と女二人一緒というのが危険なシグナルだと思います。ペアになっていた方が相手も安全ですからね。一対一の選択の方が無難だと言えるでしょう。

私も昔、何度か女二人乗りのバイクに止められ、誘われたことがありますが、こういう二人連れとは絶対に交渉しませんでした。くわばら、くわばら。ゴーイング タイ ウェイ!

Australian drugged and robbed by two Pattaya Prostitutes

Posted on December 1, 2014 at 4:31 am
In the early hours of Saturday a 46 year old Australian Teacher reported a drugging and robbery which occurred following an encounter with two Thai women outside of a South Pattaya shopping mall.
Mr. Mario Sista reported to Pattaya Police that he was walking past the Avenue Shopping Complex on Pattaya Second Road when he met the two women who suggested they accompany him to his hotel room. Mr. Sista accepted the offer but first invited the two women to a nearby Pizza Shop where they ate and drank beer.
During the meal, Mr. Sista left the table and used the toilet. It is during this time that he suspects his Beer was laced with sleeping medication. He began to feel drowsy and was assisted to a motorbike taxi who took all three people to his hotel in the Naklua area.
When inside the room Mr. Sista believes he lost consciousness and when he woke-up he found the women had gone along with 550 Euros from his wallet. His room had been ransacked and the two women left a single 20 Baht note next to Mr. Sista’s bed.
Police will now attempt to locate and arrest the two suspects who remain at-large for now.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:45| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

巨大男根市場

   14.11.20.JPG
   男根、特に白人の巨根が狙われるらしい

アメリカ人観光客、58歳になるジョッシュ・ブラウン氏は薬で眠らされ、ホテルの部屋で気がつくと血だらけになり男根を切除されていたという事件が起こった。

(詳しくはこちら)
http://worldnewsdailyreport.com/mans-genitals-stolen-during-trip-to-thailand/


記事によると、最近、このような事件が多発する傾向にあり、中国への密輸、所謂闇市場が存在することを指摘している。

中国では男根が媚薬として効果があると信じられており、男根を食することでその効能を得るとする。

記事では、男根は大きいほど値打ちがあり、高額で取引されるという。そういった理由から白人男性の男根が市場で人気があるそうだ。

(自分の下半身を見ながら)俺のじゃ、高額取引の材料にはならないから心配いらないか。あなたはどう?ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:17| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホワイトラグジュアリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。