2015年06月27日

蜜月は都会での話

タイ人との恋愛はやはり「二人の世界」までの話でんな。タイビザニュースの「よろず相談」でもよく見かけるのが、田舎へ引っ込んだファラン男とタイ女のカップルの不仲である。

それまで、嘘のように上手くいっているように思えた二人の暮らし、世界は田舎へ行くと同時に変化してしまうのだ。

恋愛関係で二人だけの「世界」に浸っている時はまったく問題にならないが、田舎へ来ると女房が豹変するのである。ある意味、仕方のないことと言えないこともなり。

暮らしのすべてが「田舎モード」であり「田舎の価値観」なのだ。ごく普通のファランから見たら、もの凄い無駄のオンパレードである。そして、どれだけ面倒を見ても切りの無い借金地獄。後から後から出てくるわ、の世界に大概のファランも愛想を尽かす。相談に対するアドバイスは「早く逃げろ」というのが一般的だが、それなりに「時間とお金」を注ぎ込んだあととなるとそうもいかないのは「男の性」なのかも知れない。ゴーイング タイ ウェイ!




posted by ミスター・ウォーク at 00:13| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

何故、彼等は放り放しなのか?

   15.03.27.JPG
   だいたい全ての物が放置されている

今回の相談者の悩み事、回答メールが131通もあったということは、他の在住者もいろいろ体験があるようだ。

まず、相談者の悩み事を聞いてみよう。要約すると「妻の店に行ったところ、道具が散らばっており、ガソリンが零れていて、作業用のマスクメガネが置いたところには無く、自転車の空気入れが壊されたまま、ミキサーがずぶ濡れで車庫に放置、等々。一体、この連中はどうなっているのか?」ということである。

最初の回答者が凄い、一言で片づけている。「それがタイランドだ!」

それから、一番、多い回答は「そんな事、此処では当たり前なので、絶対に貸さないこと。それから、自分で鍵を掛けて全ての物を自己管理すること」という答えだろう。

誤解の無いように指摘しておきたいが、在住者の相談者の悩み事は単なる「文句」とか、タイ人或いはタイ文化を見下げたものではないということだ。

旅行者なら「驚いた」で済むことでも、在住者となるとそうはいなかい。そこで「悩み事相談」ということになるのだ。

それにしても、これだけ多くの回答が寄せられるということは、予測できることである。多くのファランがタイを好きで暮らし易いと思っている。しかし、一緒に暮らしてみると、やはり文化のギャップは大きいのだ。

兎に角、物を大事にしないという点では、一般的ファランから見たら驚愕する。日本人とて、同じである。買ってきたばかりの玩具をその場で壊すなんて「当たり前田のクラッカー」である。ガチョーン、だ。

「安物買いの銭失い」なんて格言は無いだろうね。何か買ってあげる時は、基本的に高い物は買い与えないこと。安くても大事に使わない物は二度、三度と買い与えない。

勿論、中には買ってもらった物を大事にする子供もいるかも知れない。だが、10人中8人、9人は大事にしない。

貸した物が返ってくると思わないこと。それから、同じ使える状態を期待しないこと。この辺は常識中の常識です。別に彼等は悪いとは思わないのだから、大事な物なのであれば、貸さないこと。だからと言って、彼等が怒ることもあまり無いのです。ゴーイング タイ ウェイ!

Why can they not look after things.
131 replies to this topic
#1 marko kok prong
So,okay,i went to use the whipper snipper today,i store it in the wife's shop,with some other tools,it had been knocked over,and all the petrol had drained out,went to find my safety glasses,no where to be found,yet i know exactly where i left them,foot pump for pumping up bike tyre's fil had used and ripped the tube off the pump,making no effort to fix it,i find my grinder,under the carport left out in the rain,[fil again]thankfully it still works,what is wrong with these people,you use some one's tools you give them back in good working order,but here they don't seem to care,or do they thing the falang can buy another,i went ballistic,now the Mrs not talking to me,but all my fault as i left these things within reach of her family,so it's all fair game unless i lock it away,unbeleiveble.
1
#2 mesquite
I think you just summed up what Thailand is all about.
#3 Costas2008
Marko, I like you more and more every day and I sympathise with you.
Same things happen with me.
The only difference not only they don't take care of my things they borrow, but they never return them back.
#4 georgemandm
So,okay,i went to use the whipper snipper today,i store it in the wife's shop,with some other tools,it had been knocked over,and all the petrol had drained out,went to find my safety glasses,no where to be found,yet i know exactly where i left them,foot pump for pumping up bike tyre's fil had used and ripped the tube off the pump,making no effort to fix it,i find my grinder,under the carport left out in the rain,[fil again]thankfully it still works,what is wrong with these people,you use some one's tools you give them back in good working order,but here they don't seem to care,or do they thing the falang can buy another,i went ballistic,now the Mrs not talking to me,but all my fault as i left these things within reach of her family,so it's all fair game unless i lock it away,unbeleiveble.

You think it dose not happen back home and you are in thailand so your wife is wright it is your fault sorry to say I lock my things away and not lend them here or back home .
#5 samsensam
you have a bad experience with your wife and paint all thais with the same brush. a bizarre jump in logic.
this is a small domestic issue. get over it and build yourself a shed.
#6 MilesofSmiles
I learned pretty quickly here, not to lend anyone, anything.
#7 weegee
Just tell them it's broken and needs fixing, but you havent had time to do yet...
#8 manarak
The reason is because the lo-so usually don't get to own anything of the sort and if they did, that's what others would do with their stuff...
Lack of education, both in knowledge and manners also brings poverty, a Thai "sharing" culture with no responsibility.
Lock your things away.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:46| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

トイレ恐怖症

TVニュースの読者投稿が愉快で面白い。その中で次のような相談があった。その読者はTVの愛読者で、(私はまだ記事を目にしたことはないが)何度もトイレから蛇だ出てきたという記事を読んで、恐怖症になってしまったようだ。

毎朝、便所で快便を楽しんでいたのが、恐怖症に陥ってからは、用を足している最中に何度も立ち上がってトイレの中を覗かねばならなくなってしまった。

回答メールには、「蛇の居ないバケツを使え」とか「ビールを適量飲んでからトイレに行け」とか不真面目な回答が多いが、この蛇がトイレに潜んでいるというのが本当なら他人事ではない。

どれほどの頻度で蛇が現れるのかは知り得ないが、果たして私もトイレフォビアになってしまったかも知れない。ゴーイング タイ ウェイ!

Got a new phobia.......Please Help.
#1 Costas2008
My dearest and not so dearest members, I need your help……..again.
I have developed a phobia.
As we all know it is a great pleasure of every man/woman to take their morning constitutional and relieve themselves.
Not for me anymore, dear members…..I don’t feel comfortable any more siting on the toilet.
After reading all these articles on TVF, about snakes coming out of the toiled bowl, I can’t relax anymore, fearing that a snake will come out and bite my precious.
Haven’t got many phobias, except with big spiders, snakes, big and small geckos, immigration officers and some other crawly creatures.
But now my life has become a misery having to get up every few seconds from the toilet and have a look if any snake is in there.
Unfortunately, my good doctor Will is on holiday at the moment and I can’t consult him, so I have to ask for your help and advice.
After all, where can anybody find a wiser audience than you?
Looking forward to hear your professional answers.
#2 Seligne2
Don't use the toilet, man! Crap in a snake-free bucket.
#3 hanno
Beer, if consumed in the right quantities, helps with all phobias.
#4 Costas2008
Beer, if consumed in the right quantities, helps with all phobias.
What, at 7 in the morning?
I do like beer......but not to that extend
#5 marko kok prong
construct a wire screen over said toilet,crap on that and then wash it through with the bum gun.
#6 sipi
We have never had a snake come up through the toilet. But have had a few under the bed. Goodnight.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

イサーンの家族に裸にされてしまう!助けてくれー!

   15.02.12.JPG
   熱々なのは二人だけでいる時だけで家族主義を忘れないこと

今日のよろず相談には笑わせてもらいました。いるんですよね、こういうファラン。日本人だっておりますよ。

タイの他のアジア各国と同じで強烈な家族主義、しかも滅茶苦茶保守的で、目上の人を建てないとならない「掟」があるのです。

この相談者の悩みを簡単に説明いたしましょう。ファラン男がタイ女性に惚れてしまったんですね。実はそこが一番の問題なのですが、それはこの際脇に置いておきましょう。

で、このファラン、女性の実家のあるイサーンに越した訳です。すると、彼女の両親に集られ始まった訳です。相談にあるように何か起こる度に支出を余儀なくされて困っている訳です。

私も個人的に知っていますが、かつてパタヤに住んでいたエディも彼女の住むチャンマイの田舎に越したのですが、同じような両親の集りに遭い、新築した家を飛び出してしまったんです。

エディも奥さんとパタヤで長いこと暮らしており仲は良かったんですよ。しかし、奥さんはエディの気持ちや考えは重々承知しているのですが、親には逆らえないのです。それは許されない「掟」なのですから。

結局、家出したことで、彼女が困惑して親を説得したのでしょう。やっとのことで寄りを取り戻し、エディは新居に戻ったそうです。

このよろず相談には175通もの返信が寄せられたそうですが、何も分かっちゃいない返答も多いです。

例えば一番手っ取り早い「逃げろ!」というもの。男性なら経験があると思いますが、ある程度手間暇を掛けてしまうと、そう簡単には切れないものです。この辺は女性より男性の方がシビアなようですよ。

なるほと、当然「お金と時間と愛情」を注いでしまったからには、もったいなくて簡単に「はい、そうですか」とは切れないものです。

両親を連れて毎晩食事に行き、高級レストランで家族分全部もつと1000から2000バーツも払っている相談者。早く気付いて欲しいのは、「持っている」と思われているのを「文無し」になってしまうことです。

勿論、本当に文無しになる必要はありません。そう、思わせるだけで良いのです。旦那が文無しになると見栄っ張りのタイ人、特に田舎者のほとんどがそうなのですが、今度は面倒を見てくれるようになるでしょう。

追い出される心配はありません。何故って?だってタイ人は「家族主義」だと言ったでしょう。ゴーイング タイ ウェイ!

I'm getting milked dry by issan family
175 replies to this topic
#1 lostintranslationn
Hello all thailand experts. I am in a sort of pinch right now. I just met a nice Thai lady who is from issan. Right now we are living at her home and everything is well, except , her parents is obviously thinking I'm some dumb farang who they need to extract as much money as possible. I have told this to my gf, I told her how I feel about this and she said she knows and feels sad that her family is like that and she is being forced in "milking the farang" which is me..

A few examples. Her sisters motorbike suddenly can't start. Father nebited take a look. The same day gf talks about buying a new motorbike would be good to have in this issan city. Later that evening the father tells me its the battery that need to be replaced but I have to pay him because my dog has destroyed it, which I did not see and I think its bs because my dog would not just bite stuff like that.

Another example. Moms teaching book was destroyed by my dog and of course I have to pay for it. Triple the price of a new one! Also bs because the the snippets were "bitten" by my dog, as she accused. The snippets of paper are perfectly cube form with a few long hexacube formed. Now, when a dog bites paper from a book it is randomly formed with tearing and deformation. The paper snippets I saw were clean and flat. Riped with human fingers.

Another example. She usually cooks for her parents when they come back home from work, if not, then she takes them out to dinner. In the 2 weeks here we have been eating out almost every day and not just some sideway or mom and pop restaurants but the more upscale restaurants where I mostly drop 1 to 2 k every time, in issan! I thought issan was supposed to be cheaper than the rest of Thailand.

And I could go on with more examples but you get the idea. I just want to know how to make them stop milking me. I don't mind paying but its not about the money, well it is of course but most importantly its the principle. I don't want them to think I'm some easy walking ATM machine. I really like this girl its just her greedy family that bothers me. I hope to read some expert insights on this matter here on this Thai forum.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:11| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

旦那の怒り=釣銭は俺に返せ

   15.01.14.JPG
   どんなに甘い関係でも財布は別々だからね

タイビザニュースの投稿からである。相談とも愚痴とも言える内容なのだが、愉快だと思ったので取り上げてみる。

ファランの旦那とタイ人の奥さん、どこへ行っても旦那が支払いをするのに釣銭を奥さんに返されるので頭にきている様子。

昔、学校で白人(多分記憶ではアメリカ人夫婦)のカップルは旦那が財布を握っており、奥さんには一定の金額を渡し、残りは旦那が管理するという風習である。

良く白人夫婦が揃って買い物に行くのを「仲が良い」つまりラブラブであるという表現は間違っており、奥さんは旦那が一緒じゃないと買ってもらえないという状況を無視した観察だということである。

日本人夫婦の場合は、概ねその正反対で、奥さんが財布を握っており旦那が小遣いをもらうというスタイルなのではなかろうか。

さて、タイ人同士のカップルは分からないが、この投稿者の白人男性のように、財布を自分に握っており、支払いも自分が払っているにも関わらず、どこへ行っても釣銭は奥さんに返されるらしい。

この男性の怒り、私には理解できる。私個人的には、毎回そういう態度を取られたことはないが、数回の経験はある。

しかし、そういう時、私は自分から釣銭を受け取るようにしている。例えばウェイトレスが釣銭を家内に返そうとする時、瞬時の判断で自分から先に手を出すようにしている。

そうでもしないと、こちたの人は平気で家内に釣銭を渡してしまうからである。この投稿の男性も大人しく、様子を見ていないで、自分のお金なのだから、平気で手を出して受け取れば良いのである。こちらの人は基本的には「何も考えていない」のだから。ゴーイング タイ ウェイ!


I want the change handed back to me.
POPULAR
Just came back from a restaurant that I went to have dinner with the kids as the wife is working.
When we finished, I asked for the bill.
The waitress comes back and gives the bill to one of the boys, 15 years old.
The boy, points at me so the waitress passes me the bill.
I pay and she comes back with the change and gives it to the boy again.
The boy again points at me and finally she gives me back my change.
This is not the first time this has happened to me.
Either I am in a restaurant or in a shop and pay for their services the change are handed back to my wife.
Many times I have asked why and what I get back is a stupid smile.
So many times I was tempted to tell them……look you stupid thing, I paid you I expect the change to be handed back to me and not the other person that is with me.
What is that for?
Thai culture again?
Thais being shy with foreigners?
Or Thais ignoring foreigners treating them as invisible?
Has that happened to you?
How do you feel about it?



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:18| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

パタヤはそんなに暇で楽しくない??

   14.10.25-1.JPG
   暇な飲み屋は雰囲気が楽しくないね

タイビザニュースの読者が真摯な、それでいて愉快な質問をしていた。ずばり、「パタヤは暇で楽しくないと聞いているが、行く価値はあるかどうか?あまりにつまらなそうなら他に行く」である。

滞在者なら兎も角、旅行者となるとリピーターも多いパタヤである。楽しい思い出がある人ほど、何度も来ているとガッカリする局面は多々ある。

読者からの返事を見てみよう。

1.客の減少は見られるが、飲み屋やディスコなど普通にオープンしている。

2.ローシーズンなので暇だが、これからハイシーズンを迎える。パタヤが「死んでいる」というなら、他の地域でパタヤより繁盛している所ってあるの?

3.俺も英国から豪州ダーウィンに行く途中、パタヤに立ち寄るつもりでいたが、それほど不景気で客がいないなら途中ストップは中止するよ。

他の返事もあるが、この辺にしておこう。

私の意見はこの質問者と同じである。7年も住んでいたパタヤで今でも「ハイシーズン・ローシーズン」という人は馬鹿な人である。

長期滞在者ならすでに「ハイシーズン」など無くなってしまっていると知っている。そりゃ、シーズンオフより多少客は増えるだろう。だが、それと昔のハイシーズンは比べ物にならないのだ。

しかも、約半年10月から3月までのハイシーズンがどんどん短くなっているのだ。

繁華街とはある程度、客で混雑しているから雰囲気を醸し出すのであって、客が出ていない繁華街などその名に値しないのは日本の地方都市の繁華街を見れば分かるだろう。

   14.10.25-2.JPG
   繁華街のレストランも客が少ないと寂しく感じるし・・・

この読者に限らず、私も体験したことがあるが、寂れた飲み屋に入った時には「失敗した」と思った経験は誰にもあろう。

日本人はただウォーキングストリートだけあれば、それで十分という人が多いようだが、私はウォーキングで遊ばない(遊ばれる)ので、ファランの読者の気持ちを理解できる。

今年のハイシーズンは過去にない寂れようになると思っている。もうすぐ、直近のパタヤレポートをお届けできると思う。ゴーイング タイ ウェイ!


Is Pattaya really on the bones of it arse at the minute?
#1 ryro88
I was contemplating a visit in January but all I keep reading on here is how bad it's got empty bars no atmosphere etc. Is this really the case? If so i maybe go somewhere else.
#2 Brit_Doggie
The figures are down certainly with the effect of a few bars finding it hard,if into disco,karaoke, girls then still many bars trading as normal or as near normal,as the figures have been dwindling i guess as much as any other country is suffering.
#3 konying
January is a high season, now it's a rainy low season .
If you consider Pattaya being dead, what makes you think other places are busy?!
#4 ryro88
I'm flying from the UK to Darwin AUS and was going to stopover in Thailand/Pattaya for a few weeks to break up the trip but if it's as bad as people are saying i maybe just forget about the stopover and get straight to Darwin. I have been in pattaya before when it was pretty dead and it was pretty boring tbh. I just wanted to know if it has picked up any.
#5 Jip99
January is a high season, now it's a rainy low season .
If you consider Pattaya being dead, what makes you think other places are busy?!
So are you saying that Pattaya is NOT quieter than in previous years ??
#6 kurnell
Surely you want as few SAS, Green Berets etc harassing you in the bars as possible?
#7 ryro88
I enjoy it being busy. Each to their own I suppose.
#8 ttthailand
Was in Pattaya last week and it sure looked slow to me. All the beer bar on second road from south pattaya to the north roundabout were dead. I mean I have never seen it this bad. Second road was however under construction and getting new blacktop. Soi LK had a few farangs hanging around but I think mostly locals. Walking street had many people walking around but mostly Russians, Chinese, Indian and local Thais. Very few farangs around.



パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 01:50| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

「サワディー・カップ」はもう結構だ!

   14.10.13-1.JPG
   タイの大型ホームセンター「グローブ・ハウス」

http://www.thaivisa.com/forum/topic/766696-had-enough-of-swadee-khrapkha/?utm_source=newsletter-20141008-1511&utm_medium=email&utm_campaign=featured

今日の相談は買い物でのしつこい店員の態度についてである。まず、タイトルで笑ってしまった。訳してみると「サワディー・カップはもう結構だ」ということになろう。

この相談をした人はグローバル・ハウスでの買い物の例を紹介している。グローバルハウスというのは大型のホームセンターで、タイ全土にオープンしている企業である。日本でいえば「ニトリ」みたいなもんです。

   14.10.13-2.JPG
   駐車場から店内まで田舎とは思えません

私はメールによる相談者とは違う場所のグローバルハウスに行ったことがあるが相談者が文句を垂れている従業員教育(挨拶など)は同じだった。

この相談者の文句は、「入口から全員が挨拶(サワディー)し、接客が必要以上にしつこい」ということらしい。何人もで彼を付き纏ったらしい。

こういう御仁は結構多く、まともな外国人からは非難を浴びる。本人も承知のようで、相談しながら、「嫌なら自国へ帰れ!」という返答なら要らないとまで書いているの。本当はそれが正しい「答え」なのだが。

この質問に対する読者からの返答がまた面白い。「自国へ帰れ」から「無視しろ」、「気にするな」、などとアドバイスとは言い難いものが多い。

セールス・コミッションのせいだと思われるのが、この手の過剰サービス。品物をゆっくり見て見当したい時には煩わしい限りである。しかし、コミッションの制度が無いとなると、本当にヤル気の無い店員が多くなるのも事実である。

まあ、このメールの主は「ガス抜き」が必要なだけで、実際の対処法としてはすでにアドバイスにある通りである。「無視」「気にするな」が正解であろう。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利



クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

パタヤで子連れに優しい場所?

   14.09.20-1.JPG
   プリンスも宿泊するセンタラホテル

タイビザニュースのよろず相談欄に質問コーナーがあり、読者から子供連れでパタヤに行くので、ファミリーで行ける場所を聞いていた。

二家族でパタヤ訪問を計画している男の相談とは「パタヤは邪悪なセックス産業の街」なので、なるべくそういう場所でない滞在場所を尋ねていた。

相談に対し、読者から多くのアドバイスが出ていた。名前が上がったのがセンタラホテル。これには注釈が付いており、「資金に余裕があるなら」とあった。

   14.09.21-2.JPG
   ウッドランドも高級ホテルです

その他ではナクルア地区のウッドランドやノースパタヤにタイ・ガーデンなどがプールもあり、繁華街から遠いと出ていた。

ある読者は何度もパタヤに行っているようで、だが、その人はビーチを見たことが無いと言っていた。

私はこれを読んでいて、思わず笑い出してしまった。何故、こうも馬鹿な連中なのだろう。

パタヤは確かに歓楽街からイメージチェンジを図っており徐々にだがファミリータウンに変貌を遂げようとしている。だが、パタヤはかつてはアジア一の歓楽街、セックス産業で育まれた街である。

質問をしている男は一体どんな顔をしているのか見てみたい。それほど、セックス産業を子供に見せたくなければパタヤではなく、別の場所を選べばよいではないか。

私の知人にもいるが、パタヤの快楽街を嫌って彼はバンセーンに宿泊場所を変更した。この知人の方が常識のある行動であろう。

   14.09.21-3.JPG
   家族を部屋に残して一人で遊びに出掛ける算段なら理解できる

ひょっとしたら、この質問の主、家族をホテルに閉じ込め、自分だけこっそり遊びに行こうとでも考えているのだろうか?それなら質問の理由がよ〜く分かるというものである。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利



クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

posted by ミスター・ウォーク at 00:13| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホワイトラグジュアリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。