2009年09月04日

分かったぞ!タイ人のストロー・フェティッシュの理由

    09.09.04-1.JPG
    ご覧の通り、ドリンクにストローは付き物

以前にも書かせていただいたが、水野うしおさんの「タイの常識・非常識」という本は手に入り難いが是非ロングステイヤーには読んでもらいたい一冊である。

タイに住んでいると「一体何故・・」という疑問を感じる場面にしばしば遭遇する。水野さんの観察力は鋭く私も共感を覚える事項が羅列されていて面白い。

何故という問いに答えているものも多いが疑問を呈するだけで解答の無いものも多い。私は自分なりにその解答を見つけるのが好きだ。サドゥアックのコーナーでも紹介しているので是非一読して欲しい。

楽しいゴーイング タイ ウェイを目指す人は文化に対する理解は必要不可欠の要素であると考えるからだ。人々の行動において何故という疑問が解けていれば、不必要に頭を痛めたり怒ったりすることはない。

さて、この本の中で水野さんも指摘しておられたタイ人の異常なほどのストローに対する愛着は一体どこから来ているのだろう。そんな疑問を持ちながら答えを探していた。

そして、それはひょんなところから発見した。愛妻を連れ日本に帰国した折のことである。彼女の日本訪問は初めてで、見ることやること全て初体験な訳だ。勿論、子どもではないが初めてやってみることは少々怖くもあり、また新鮮な体験である。

パタヤではあまり見かけない自販機。日本は至るところに設置されている。ちょっと咽が渇いたという時、辺りを見渡せばどこかにドリンクの自販機が目に入ることだろう。愛妻は熱狂的コーラのファンで兎に角よく飲む。

ところが、自販機でコーラを買ってもストローは付いて来ないし、置いてもない。そのまま飲むしかない。

コーラを飲みながら歩く愛妻の姿を見ていたら、そのイメージをタイでのイメージと重ねてみた。そこで閃いたのである。

前述したようにタイでは自販機は少ない。当然、お店で買うことになる。今でこそ小奇麗なコンビ二なども多いが昔はそうでなかったはずだ。ビンにしろ缶にしろ、飲み物が入った外部が綺麗とは限らない。いや、むしろ汚くて当然であろう。そのビンや缶を直接口を付けて飲むことは衛生的に良くは無い。

恐らく水野さんが指摘するタイ人のストローに対する異常なまでの愛着とは、こうした昔の衛生環境から発展したものだと気が付いたのである。

私の嫁さんはストローで飲む時、手を使わないで口をストローに持っていき飲む習慣がある。毎回、彼女の首が伸びてストローに口をやる度笑ってしまうのだが、ストローはこのようにサドゥアック(便利)な使い方にも通じているようである。(大笑い)

    09.09.04-2.JPG
    実に細かく書いてある必読書

パタヤのお天気一週間
http://weather.jp.msn.com/tenday.aspx?wealocations=wc:THXX0015&src=rss

タイのホテル 予約ならココが便利
http://www.agoda.jp/asia/thailand.html

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ


posted by ミスター・ウォーク at 09:45| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サヌック・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ホワイトラグジュアリー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。