2015年11月28日

もうすぐクリスマス


【11/28】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/28】オメガ3 RITAN(りたん)プレミアムオイル
【11/28】もう親指王子とは呼ばせない!!【ベクノールEX】
【11/28】脱毛しても怖くない!黒ずみにホワイトラグジュアリープレミアム


    15.11.28.JPG
    暑い国タイでもクリスマスはあるよー

早いもので、もうすぐ「師走」。今年も後一か月となりました。しばらくご無沙汰してしまいました。

今年はありがたいことに、田舎の天候が良かったんです。特に雷雲が去年より少なかったことです。何しろ、雷雲が豪雨と共に雷を落とすと大変だということで、ネットの回線を遮断されてしまいますし、落雷があった場合、大元の方で断線が起こってしまい、酷い時には丸一日、ネットが使えないという状況も発生します。

それに比べ、今年は本当にネットに関してはありがたかったですね。

それから、去年の寒さはどこへやら。全然寒くならないのです。どうやら、今年は暖かいクリスマスを迎えることになりそうです。

もっとも、そうは言ってもパタヤのような観光地とは違い、田舎ではクリスマスは行われません。デパートでは飾りつけなどはしますが、それは商業主義だけの意味です。子供たちは「何かを買ってもらえるクリスマス」と位置付けてますからね。

正月が近づくと、役所も休みとなり、一週間くらいは大カラオケ大会となります。毎晩のように午後8時からいから午前1時、2時くらいまで、大型スピーカーから流れてきます。歌がうまかったり、知っている歌だと結構なのですが、下手な歌を長い間、聞かされるのは甚だ迷惑ですが、仕方ありませんね。じっと我慢することになります、わっはっは。ゴーイング タイウェイ!





極GOLD

オメガ3 RITAN

ベクノールEX

ホワイトラグジュアリー
posted by ミスター・ウォーク at 03:04| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

旅のマナーの調査


【11/21】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/21】オメガ3 RITAN(りたん)プレミアムオイル
【11/21】もう親指王子とは呼ばせない!!【ベクノールEX】
【11/21】脱毛しても怖くない!黒ずみにホワイトラグジュアリープレミアム



旅行会社のエクスペディアの調査が発表され、飛行機に搭乗中に不愉快な思いをする事例トップ10が発表された。私もずいぶん飛行機の旅はしたが、この1位には素直に納得した。詳しくは発表の方をご覧いただくとして(飛行機内で最も不快な乗客は?エクスペディアが調査結果発表 )、飛行機の旅慣れしていない人はマナーの理解ができていない人などが後部座席に座ると嫌なものである。


1. 前座席の背を蹴る 61%
2. 親が子どもに注意をしない 59%
3. 香水のにおいが強い 50%
4.オーディオ機器からもれる音に無神経 50%
5.酔っ払い 45%
6.おしゃべり好き 43%
7.手荷物の持ち込み制限を無視する 38%
8.列に並ばない 35%
9. 座席の背もたれを、いっぱいまで倒す 32%
10.頭越しに棚から荷物を下ろす 32%

2番の「親が注意しない」は、飛行機の中だけに限らず、どこでもそうである。はっきり言って、昔の方が「公共でのマナー」は今よりはるかにベターだった。

4番も気になるマナーですが、これも飛行機に限らず、どこにでも居ますね。5番の酔っ払いは今の方がベターだと思います。(笑)それほど出鱈目な飲み方をする人はしばらく飛行機では見ておりません。

6番は、楽しい旅をするのは大いに結構なのですが、やはり周囲に対するマナーでしょう。7、8番もマナーの問題。

9番はマナーもそうですが、他人に対する配慮が著しく欠けているか、自分の当然の権利として見ていることでしょうか。10番も時々ありますね。人の頭超しに荷物を下ろす時に不注意からぶつけるようなことも。

そう言えば、そろそろ、旅に出たくなりました。ゴーイング タイ ウェイ!






極GOLD

オメガ3 RITAN

ベクノールEX

ホワイトラグジュアリー
posted by ミスター・ウォーク at 16:30| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

モーターサイの料金を統一だって?そんなことできるの?


【11/08】ラ・パルレのエステ体験
【11/08】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【11/08】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/08】Party☆Party【無料会員登録】


    15.11.08.jpg
    料金の統一が叫ばれるがそんなことできるのだろうか?

「社会学の定理」であるが、政府が国民の生活に口出しするようになるとギスギスした「ネズミ捕り」の中の生活のようになる。規制は時には良い結果をもたらすが、行き過ぎると精神的異常者も多くなる。或は病に罹ることもある。

さて、タイビザニュースを見ていたら、今度はタイの「便利な」モーターバイクタクシーのニュースが飛び込んできた。どうやら、モーターサイの料金制度を統一させるというのだ。

このような価格は、私は好きでは無かった。しかし、料金制度が決まっていないことが、車でいう「ハンドルの遊び」の部分に繋がっていたと見ている。

どういうことかというと、一般にタイ人の性格は鷹揚で、それほど細かいことに気遣いは無用なのだ。だから、私はタイが好きなのだ。

例えば、大変な時には、多少多く請求したりもしますが、そうでなければ普通にチャージするとか。しかし、社会の経済が停滞していると、どこもそうですが、大変になってきます。それに、社会の成熟度とも関係しています。

田舎では、都会ほど社会の変化は激しくないのですが、やはり都会では軋轢も多くなって、皆、自己防衛に必死になっているのでしょう。

ただし、罰則規定ができたとしても、規制で人間は縛れません。むしろ、ギスギス度が激しくなるだけではないのでしょうか。政府にはあまり細かい仕事をせずに、もっと大きな仕事が望まれるのは、何処でも同じなのではないでしょうか。いちいち、生活の細かい所に口出し無用だと思いますがね。ゴーイング タイ ウェイ!



セルライト撃退コース

NEO MONEY

極GOLD

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 20:31| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

タイ人男女、ウォーキングストリートで大惨事!


【11/07】ラ・パルレのエステ体験
【11/07】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【11/07】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/07】Party☆Party【無料会員登録】



    15.11.07-1.JPG
    事件があったウォーキングストリート

ちょっと嫌な事件が起こってしまいました。場所はパタヤの繁華街、ウォーキングストリートです。今回の事件は外人の在住者や旅行者は含まれておりません。

タイ人男女の事件ですが、二十歳そこそこのタイ人男が、30過ぎの彼女を追って田舎からパタヤまでやってきたのです。

何でもこのタイ人男、軍隊に所属しているようです。別れ話に納得しない男は後を付けてきて、女友達二人と一緒に彼女がファラン相手にしているのを目撃してしまうのです。

そして、持っていたナイフでめった・・・・という事件でした。

パタヤのウォーキングストリートと言えば、本当に多くの観光客がやってくる場所ですし、ツーリストポリスも結構、巡回しているのですが、そんな場所で悲惨な事件が起こってしまったのは残念ですね。男女関係のもつれというのはいたたまれないですね。ゴーイング タイ ウェイ!



セルライト撃退コース

NEO MONEY

極GOLD

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 02:47| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

残り二か月のスケジュールは?


【11/06】ラ・パルレのエステ体験
【11/06】グアム旅行ナビ
【11/06】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【11/06】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/06】Party☆Party【無料会員登録】


    15.11.06.JPG
    パタヤのようなカウントダウンは無いけれど・・・

本当に早いもので、もう二か月もしないで、2016年を迎えてしまう。長かったようで、短いようで。いずれにしても、出安居(オークパンサー)も終わり、今年のイベントもロイ・クラトーンと、プミポン王様の誕生日、それからクリスマスを過ぎれば一週間で正月となってしまう。

そう言えば、11月というからには、そろそろ気温も下がってくるはずである。朝夕は涼しい感じはするのだが、日中の日差しは暑い。丁度、日本の関東地方の冬の感じかな。空気はひんやり、でも直射日光は暑い、そんな感じですねえ。私はどうも苦手な天候なんですよ。

やはり、暑いなら暑い、寒いなら寒いの方がまだマシです。一日の気温が10度も違うなんてのは、もう体には良くないですよ。7年もの間、パタヤに住んでいたので、身体はすっかり「パタヤモード」ですからね。

タイの東北部に住むタイ人に言わせると「少し寒いくらいの方が暑いより好き」らしいです。でも、凄い寒気が中国から南下してくると、「寒い」を連発するのですがね。私は12月のベトナムにも行きましたが、ベトナム北部は「南方」という感じはまったくしませんからね。

緯度の変化で気象状況が全く変わってしまうことは「移住」を考えている人にとっては、慎重に考えなければならないテーマですよ。一年通して暮らし易い場所を選ぶことは大事なことですね。冬のチェンライにも行きましたが、ひんやりした空気は気持ち良いですが、やはり日中の日差しは暑く、朝夕と日中の気温の差が嫌でした。

私は根っからの「熱帯人」なんですね。ゴーイング タイ ウェイ!




セルライト撃退コース

グアム 旅行

NEO MONEY

極GOLD

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 01:39| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

袖振り合うも多生の縁


【11/05】ラ・パルレのエステ体験
【11/05】グアム旅行ナビ
【11/05】世界各国のATMで、現地通貨が引き出し
【11/05】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/05】Party☆Party【無料会員登録】


  15.11.05.JPG
  日本が生んだミニバンに牛ぎゅう詰めは少し可哀想だね

タイに限らず、ラオスやカンボジアなど、欧州から来る若いバックパッカーに人気である。やはり、「時間があるが、金は無い」若者たちにとって東南アジアは「物価が安い」というコンセンサスがあるのだろう。

私も40年くらい前から、いろんな旅を経験しているが、若い時「時間はあるが金が無い」時にヨーロッパを旅したことがあったが、それは悲惨なものだった。やはり、お金が無くては、旅は楽しくない。

ヨーロッパから来る若者たちは、その辺はきちんと計算済みなのであろう。安い宿に泊まり、安い物を食べ、安い所で飲む、こんなスタイルが板についている。

しかし、東南アジアで活躍している日本が生んだミニバンには可哀想になる。小柄なアジア人だって、あのミニバンでの遠出は骨が折れる。やはり、長時間乗る乗り物ではない。せめて、道路が良くて1時間から2時間程度のドライブなら我慢ができるが、それ以上となると急に「護送車」のようになってしまう。

もっとも、古いたとえにあるように、「袖振り合うも多生の縁」で、可愛いピチピチのお嬢さんが両脇に座ってくれるのだったら、何時まで乗っていても構いはしないだろうが。もっとも、相手からすれば「早く着かないか」なんて思われているのかも知れないが。

しかし、まあ、そこはやはり「旅」の楽しさでもあるのだろう。ゴーイング タイ ウェイ!



セルライト撃退コース

グアム 旅行

NEO MONEY

極GOLD

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 02:30| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サヌック・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

タイの文化なり!


【11/04】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/04】オメガ3 RITAN(りたん)プレミアムオイル
【11/04】もう親指王子とは呼ばせない!!【ベクノールEX】
【11/04】脱毛しても怖くない!黒ずみにホワイトラグジュアリープレミアム


今日のタイビザニュースには面白い興味深い記事が載っていた。以下に示しておいたので、興味のある方はお読みください。

何が書いてあるのかというと、水商売でセックスに携わる者に対する調査によると、従事者が極めて満足しているという記事である。

そんなことは社会心理学と民俗学をやっていた私は30年も前から知っている。昔は子供を産み過ぎて口減らしのために、都会に売りに出されたりする風習があって、その頃は幼女にとっては辛い思いをする者もいたであろう。しかし、そういう風習はすでに多くの地域で見られなくなっている。

その上、今でも地方へ行っても、少子化の傾向がある。と、いうことは水商売従事者が嫌々無理やりやらされることはほとんど見られなくなっているのだ。

つまり、水商売従事者は自分の意思でやっている訳で、周りがとやかく言うことではないのだ。その点、韓国と非常によく似ている。

貞操観念とは、男による「所得権」の主張であり、セックスに於ける罪悪感はキリスト文明の価値観である。多くのアジア圏においてはキリスト教的価値観はなく、即ちそれは「セックスに於ける罪悪感」とは無縁であり、むしろ喜びでもあり、子供を産むことは財産の形成でもあったのだ。農作業には手が要るのだから、「子宝」というのはアジアに於いては甚だ常識だったのである。

どうも、「道徳や倫理感」までもが、グローバル化して、所謂西洋主義に陥っている世界であるが、文化とかはそういうものではない。是非には及ばす。それぞれの価値観を持って生きているのが人間社会なのである。

むしろ、「お上」や「政府」が、どうしろこうしろ、と始まることで、奇妙な社会が出現してしまうことを付け加えておこう。ゴーイング タイ ウェイ!


Many Thai sex workers say they are happy in their jobs
This article is based on conversations with more than 20 active and former
Thai sex workers held over a 6-month period…
BANGKOK: -- WHEN the issue of sex workers in Thailand is brought up, any
discussion is usually characterized with words of ‘exploitation’, ‘coercion’, and ‘human trafficking’.

However, if one visits some of the many bars, karaoke joints, and massage
parlours around Phuket, Bangkok, and Pattaya, and listen to the many
stories from the sex workers themselves, it is not necessarily the case.
For many, sex work has been an almost lifelong adventure of moving around
and trying different things, to eventually finding a place to work that
best suits their needs.
The more adventurous, who have been able to pick up a smattering of
foreign languages, tend to ‘settle’ in the areas where foreign clients
predominate over locals.
Those who have travelled through the tourist areas of Thailand and spoken
to sex workers will find that most of the stories they hear have common
themes and elements to them.







極GOLD

オメガ3 RITAN

ベクノールEX

ホワイトラグジュアリー
posted by ミスター・ウォーク at 02:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

切り売りの方がベターな訳


【11/03】ベッド全品送料無料! 日本最大級のベッド専門店
【11/03】世界で一つ!あなただけのオリジナル美脚プログラム。
【11/03】グアム旅行ナビ
【11/03】【PARTY☆PARTY】選べる婚活パーティー!真剣婚活♪


    15.11.03.JPG
    タイでは果物は安いというが、当たり外れがあるからね

果物天国のタイであるが、私はそれほど食べない。昔からそうなのである。日本に居た時も、アメリカに住んでいた時も、いつでもそれほどフルーツが食べたくなることは無かった。あれば、食べる。ただ、それだけである。

そんな私が、タイで一番美味しいと思ったのが、みかんである。それは何故かというと、30数年前に最初に来た時に飲んだ搾りたてのオレンジジュースを飲んだ時の印象が鮮明にのど越しに残っているからである。舌で感じたタイオレンジの甘さはそれまで食べたどのみかんとも違っていた。

そのオレンジだって、小降りで剥いて食べるのが面倒なので、それほど食べることはない。スイカも美味い。はっきり言って大好きである。だが、あの大きなスイカを買ってきて、二度、三度失敗してからは買わなくなってしまった。

スイカの当たり外れほどがっかりくるものはない。やはり、あの大きさだからだ。買って失敗するくらいなら、値段は多少割高にはあるが、荷車の引き売りが好きだ。切り売りしていて、大概20バーツくらいで買うことができる。

こちらは商売でやっているので、だいたい甘くて美味いスイカを仕入れてくる。それから、パイナップルも美味い。余り酸っぱいのは好みではないが、ジューシーで甘いパイナップルを冷やして食べると抜群である。

もっとも、最近では歯が沁みるようになってきたので、冷たくしても食べる時が厄介である。果物天国に住んでいる割には、それほど恩恵を感じないのが私なのだ。ゴーイング タイ ウェイ!



THE BED ROOM

太もも

グアム旅行

お見合いパーティーならparty★party
posted by ミスター・ウォーク at 03:08| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アロイ・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

バンコク都民は平均3時間の通勤ロスタイムだって!


【11/02】【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材
【11/02】 1人では飲めない、2人で一緒に飲むショット!LOVESHOT

【11/02】デリケートゾーンでお悩みならばこれ
【11/02】リフィートセルライト
【11/02】100GB、マルチドメインやMySQLが無制限。CGI・PHP高速化機能搭載【X2】



    15.11.02.JPG
    関係機関の調査によるとバンコク都民は平均3時間の通勤時間だって

タイビザニュースを読んでいたら、バンコク都民の平均通勤時間が3時間だと出ていた。まあ、日本だって東京近郊に家でも建ててしまった人はそれくらいの人がいるかも知れないですね。

私はそのような暮らしはご免まっ平です。おー寒気がしますね。都会生まれの人は慣れているのかも知れませんが、地方都市で育って、アメリカ暮らしや海外生活をずっとしてきた私には、毎日、そんな無駄な時間を変えて通勤はできないですね。

それで、この記事を読むと、それだけの時間は経済的ロスだというのです。その辺になってくると笑うしかないのですが。

でも、確かにタイでも都会の人はそれなりに時間に自覚は持っているようですよね。約束の時間に送れるというのはタイの常識と言われていますが、それも致し方ないのかも知れません。何しろ交通事情が事情なので。それも普通の事情ではなく二乗か三乗かってね。

さて、翻って田舎の暮らしはというと、もうその正反対。以前にも書きましたが、ある時、私は県都サコンナコンのど真ん中のセブンイレブンにいたのです。不幸にも腕時計がやられていたので、時計を持っていなかったのです。

日本でしたら、至る所に時計はありますから、敢えて聞くまでもなく時間を知ることができますし、たとえ時計が見当たらない場所にいても、誰かしら時計は持っているでしょう。

今でこそ誰もがスマートフォンを持っていますから、時計はなくとも時間を知ることができますが、当時はまだそれほど携帯も普及していませんでした。

そこで、私は時計を持っている人に時間を尋ねようとセブンの周りにいる人を見たのですが、誰も時計を持っていませんでした。そのくらい時間には疎い生活なのです。呑気なものですね。ゴーイング タイ ウェイ!



ネイティブイングリッシュ




フロプリー

脚痩せ



posted by ミスター・ウォーク at 00:11| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ナコンパノム vs ムクダーハン


【11/01】シトルリン高配合サプリメント【極GOLD】
【11/01】オメガ3 RITAN(りたん)プレミアムオイル
【11/01】もう親指王子とは呼ばせない!!【ベクノールEX】
【11/01】脱毛しても怖くない!黒ずみにホワイトラグジュアリープレミアム


    15.11.01.JPG
    宿泊先のフロント係りも可愛い娘だった

10月の親友たちのパタヤ訪問も終わり、今年のスケジュールはこれでお仕舞となった。旅の相棒であるデル・ボーイは高齢となり、パーキンソン病が少しずつ重くなっていて、どうやら私の思った通り、これ以上の旅は難しそうである。

第一、デルのカミさんがデルの世話に疲れてしまうくらいだから、その大変さは理解できよう。デルはカミさんの留守になると決まって私に連絡してくる。私は相棒の所に遊びに行くのはやぶさかではない。

ちょっと気になることがある。それは、ずっとそれなりに家では大人しくしていたデルが、最近になって再び飲みに出て歩くようになったことだ。これは何を意味するのか。

私は直感的に思ったことは、どうやらデル・ボーイの現役引退が近づいているということである。最後の蝋燭の点りとも言えるのではないだろうか。

このサコンナコンとムクダーハンは北と南にある隣県である。どちらもデル・ボーイと一緒に遊びに行ったところである。我々二人は国境の街が好きなのだ。元々、デル・ボーイはカンボジアファンだったが、最近のカンボジア娘っ子は、商業主義にまみれてしまい「お金、お金」と要求ばかり。

愉快だったのは、最後にデル・ボーイが一人でプノンペンに出掛けた時は、ホステスのドリンク代だけ支払ってサヨナラばかりされたという逸話である。

どれ、奴さんの尻を叩いて、最後の「二人旅」でも検討しようか。最後までゴーイング タイ ウェイだ!





極GOLD

オメガ3 RITAN

ベクノールEX

ホワイトラグジュアリー
posted by ミスター・ウォーク at 22:20| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホワイトラグジュアリー