2015年05月19日

抗生物質の過剰摂取に「警告」

   15.05.19.JPG
   タイでも同様に抗生物質を処方されるケースが多い

中国が危険なのは今更指摘することもあるまい。しかし、記事によると日本でも随分抗生物質が処方されているようである。詳しくは記事をお読みいただくとして、タイでも常識ってくらい必ず抗生物質を処方される。

私はなるべく医者に行かずに自然治癒を選択する方であるが、医者に出されれば「飲まなきゃいかん」と思ってしまうので、やはりなるべく医者は避けようと努力はする。

いろんなケースがあるので、一概には言えないが、一般的に言ってタイでも抗生物質の投与は多いと思わざるをえない。

風邪には無効と出ているが(ウィルスと細菌の違い)、薬局でも風邪に対し抗生物質を薦めることが多い。

なるべく飲まないで済むように普段からの健康維持は大切ですね。


http://www.iza.ne.jp/topics/world/world-6278-m.html
抗生物質の過剰処方に“警告” 「薬効かない菌」世界で拡大
抗生物質などの薬が効かない薬剤耐性菌が世界で急速に拡大している。抗生物質の使いすぎなどが背景にあるとされ、事態を重く見たWHOは対策を強化した。
《薬剤耐性菌》
薬剤耐性菌とは、その名の通り、抗生物質などの薬剤に対する抵抗力を備えた細菌。こうした菌が増える背景の1つには、抗生物質の乱用があると言われている。
WHOが報告書<2014年4月>
■「薬剤耐性菌が世界各地で広がっている」
世界保健機関(WHO)は2014年4月30日、抗生物質が効かない薬剤耐性菌が世界各地で広がっているとの報告書を発表。WHOは114カ国からのデータを基に調査、報告書を作成。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」
■貧困国に限らずあらゆる国で拡大
WHOのフクダ事務局長補はジュネーブでの記者会見で「貧困国など一部の国だけでなく、あらゆる国で拡大している。極めて深刻な状況だ」と強調した。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」
■日本でも淋病の治療で抗生物質が効かないケース
日本やフランス、南アフリカなどでは淋病の治療でセファロスポリン系の抗生物質が効かないケースが確認された。強力な抗菌薬カルバペネムが効かない肺炎桿菌も世界的に広がっており、一部の国では半分以上の感染者に効かなかったという。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」
■抗生物質の処方を必要最低限に抑えるよう忠告
報告書は、抗生物質の処方を必要最低限に抑えるよう医療従事者らに忠告。一般の患者にも、医師が処方した時のみ抗生物質を使用するようにと呼び掛けている。
抗生物質効かない耐性菌、世界各地で拡大 WHO「極めて深刻な状況だ」

2014年4月30日、ジュネーブで記者会見するWHOのフクダ事務局長補(共同)
英首相発起チームが初の報告書<2014年12月>
■年間1千万人が耐性菌によって死亡?
英首相が立ち上げた耐性菌に関する調査チームは2014年12月に初の報告書を公表。効果的な措置を講じなければ、耐性菌による年間死者数は50年に現在の70万人(推定)の14倍以上に当たる1千万人になると予測した。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測
■アジア473万人で最大
地域別ではアジアが473万人で最も多く、アフリカ415万人など。耐性菌拡大に伴う医療費負担増大も懸念されている。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測
■「手術の際に感染症の危険が大きく…」
報告書は「効果的な抗生物質がなくなれば、手術の際に感染症の危険が大きく高まる」と指摘。「世界各国、特に(中国やインドなど)新興国にとって保健、経済上の深刻な結果をもたらす恐れがある」と警告。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測

WHO総会で議論予定<2015年5月>
■行動計画策定へ
2015年5月のWHO総会では耐性菌対策に関する行動計画策定に向けた議論が行われる。
「薬効かない菌」世界で拡大 2050年に死者1千万の予測
“感染症のデパート”中国で相次ぐ薬剤耐性菌の出現
■中国安徽省で採取の菌にペニシリン効かず
安徽省の研究機関「細菌耐薬監測」によると、同省内で採取された黄色ブドウ球菌のペニシリンに対する耐性率は、 2012年の86・1%から94・4%に上昇。さらに、日本では黄色ブドウ球菌感染症に処方されている抗生物質、アジスロマイシン(商品名・ジスロマッ ク)に対しても7割以上の耐性を示している。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■12万人が「抗生物質効かない肺結核」
安徽省の衛生部によれば、全国で約12万人があらゆる抗生物質が効果を示さない多剤耐性肺結核を患っているという。これは世界の多剤耐性肺結核患者の4分の1を占める数。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■抗生物質の消費量、世界平均の10倍超
清華大学などの調べでは、薬品全体の消費量に占める抗生物質の量は、欧米諸国では3割程度であるのに対し、中国で は7割に達している。国民1人あたりの抗生物質の年間平均消費量は138グラムで、世界平均の10倍以上とも言われる。中国ではあらゆる抗生物質が薬局で 処方箋なしで購入できる。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■菌が死滅する前に服用を中止
中国では、症状が軽減すると治った気になり、完全に菌が死滅する前に服用をやめてしまう素人処方が横行。その結果、瀕死の状態から蘇った菌が、抗生物質に対する耐性を獲得している。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
日本でも、不必要な処方例が多数
■風邪患者の60%以上に抗生物質
武蔵国分寺公園クリニック院長・名郷直樹氏によると、日本において風邪患者の60%以上に抗生物質が投与されているという報告(平成21年)があるという。
「抗生物質不要の説明は難しい」 風邪診療で探る患者との信頼関係
■「風邪に抗生物質は効かない」
名郷氏はさらに「理屈で考えても、風邪の原因がウイルスであることからすれば、細菌にしか効果のない抗生物質は、ウイルスが原因の風邪に対しては効果がないと考えるのが合理的」と話す。
むしろ下痢などの副作用も…風邪に「抗生物質」は必要ない
食物を通じて人体に入る抗生物質も
■畜産物の餌や水に抗生物質
中国では、畜産物や養殖魚の育成過程でも、感染症のリスクを軽減するため、餌や水に抗生物質を混ぜることが当たり 前。例えば、2013年に問題となったケンタッキー・フライド・チキン(KFC)を展開する米外食大手ヤム・ブランズ中国法人の「薬漬け鶏」には、18種 類もの抗生物質が投与されていたという。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念
■抗生物質効かない感染症にかかる豚が多発
米ミシガン州立大や中国の研究チームによると、中国各地の養豚場では、ほとんどの抗生物質が効かない感染症にかかる豚が多発。食肉や肥料として流通する糞を通し、人への感染の可能性もあると警鐘を鳴らしている。
蔓延する抗生物質が効かない耐性菌の恐怖 豚から人への感染懸念



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:44| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

タイ人へのプレゼントは?

初めてタイを訪れてから約30年。移住して8年目になる。日本とタイを行ったり来たりしながら付き合ったタイ人から現在のカミさんに至るまでいろんな女性を見てきた。

田舎へ越してからは子供たちの習性も観察できた。

付き合い方にもいろいろあるし、相手もあることなので一概には言えないことは前もってお断りしておく。

全てのものに一般論があるように、タイ人相手に差し上げるプレゼントに付いて少し書いてみたい。

誰にでも価値があり喜ばれる物は何と言っても「現金」そして「金」であろう。これは、その物に価値があるというより、それによって好きな物を購入できるという点であり、送り主のあなたもどれだけ奮発したか分かるようになっている。

喜ばれるという点では申し分無し。しかし、それがどれほど「大事に使われるか?」は別問題です。

「現金」「金」以外はすべて同じです。どれだけ喜ばれるかは相手次第ですが、ほぼ100%、大事にされることはありません。

少なくとも、私が知っている限り、基本的にタイ人は余り物を大事にしません。値段の問題では無いようです。

一度、こんなことがありました。小学生の甥が近所の雑貨屋で5バーツの凧を買ってきました。今、言ったように値段の問題ではありません。

「幾らしたんだい?」と聞くと「5バーツ」と答えた甥はいきなり買ってきたばかりの凧を破いたのです。(笑)

娘についても同じことが言えます。日本から持ってきたヤマハのギターをケース付きであげたのです。

ハードケースだったので、持ち歩きが「重くて大変だ」などとほざいていましたが、結局、剥き出しのままでテーブルの上に放置されていました。

誕生日に何が欲しいか聞いてみたのですが「新しいギターが欲しい」と言っておりました。無理すれば買ってやれないギターではありませんでしたが、私は取止めました。大事にしないことは分かっているからです。

プレゼントと上げる時、すべては「自己満足」のためと考えるのは一つの方法です。日本や西洋文化には「センチメンタル・バリュー」というのがありますが、あまりそれは望めないタイの習慣といえるでしょう。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 12:13| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ人の驚くべき真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

あるタイ人との会話から

   15.05.17.JPG
   ウボン出身のオーナー(左)と従業員たち

ナクルア・ソンクラーンの日、まだ時間は正午前だったが、ソイ33近辺のマッサージ屋の前を通りかかると店のスタッフが軒先で宴会をしていた。

私はタバコを吸っている女性を見つけたので、一緒に吸わせてもらうことにした。ソンクラーンと言えば「水掛け祭り」である。人がタバコを吸っていても、容赦は無い。それなら、店先で吸っている人と一緒の方がやられない確率は高い。

本当にこういう時のタイ人って気さくである。私に椅子に掛けるように薦めてくれ、一緒に飲もうとドリンクまで薦めてくれた。残念ながら、酒は飲めないというと氷を入れてコーラを出してくれた。

タバコを吸い始め、オバサンたちと会話が弾む。話をしていると、タバコを吸っていた女性はウボン出身のオーナーだという。すでにパタヤ在住6、7年だという。私のタイ語を褒めてくれた。「田舎へ帰るつもりはないのか?」と尋ねると「嫌だね。此処がいいよ」という。

都会で成功した者は皆、だいたい同じように口を揃える。田舎の方がいいという連中はだいたい都会で成功しなかった者であろう。私の家内も同じである。同じと言っても「成功しなかった者」の方である。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:40| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

最近のホステス考察

   15.05.16-2.JPG
   ウォーキング・ストリートの呼込み嬢は流石に慣れてる

「流石」というか「やっぱり」というかウォーキング・ストリートの呼込み嬢クラスとなると写真撮影に対しても、絶対的な拒絶反応はありません。その点はやはり歩いていても楽しいですよね。

しかし、ソイ6辺りになると、若い姉さんたち、スマホには夢中になるわ、カメラを向けると拒絶するわ、で全然昔と違いますな。

もっとも、夜も遅くなり、それなりに酒でも入ってくると多少は違うのでしょうが、カメラに対しての拒絶は昔よりはるかに多くなりました。

まあ、インターネットに流出とか気遣うことも多いのでしょうから、その点は無理もないのかな、とも思ったりする訳です。

しかしながら、ウォーキング・ストリートでは見られない、仕事中にスマホにのめり込むホステス嬢の姿には筆者も呆れてしまいますね。

   15.05.16-1.JPG
   最近のソイ6辺りのホステスはカメラを向けると背ける傾向なり

もっとも、この携帯の問題はホステスに留まらず、至る所で見掛けます。やはり、気付くのは両替屋でしょうね。それも、銀行系の両替がまったくダメです。10人中、7、8人はスマホでネットやラインに興じてますからね。

まあ、これは年配のタイ経験豊かな連中の総合的意見ですが、かつてのタイ女性のような「気さくで明るく、楽しく接客」できるホステスは確実に減っており、若い子たちはそのDNAは引き継いでいないということです。

愉快なのは、「オールナイト」の約束で料金を払っても、簡単に帰られてしまうゲストが多くなったことでしょうか。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ


posted by ミスター・ウォーク at 00:21| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

なかなか美味い魚

   15.05.15-1.JPG
   図体の割りに食べる身が少ないプラ・ニン

海から遠い陸地に入ると当然であるが、海の魚は手に入りにくくなる。まあ、昔より流通が良くなったタイでも事、魚となれば海の魚は冷凍物ということになろう。一般的にタイで食べられている魚と言えばプラ・ニンという養殖魚であろう。

実はこの魚、日本の現天皇が皇太子時代にタイ国王と面会した際、紹介した魚だという。中華系タイ人が裕仁皇太子の仁という字からプラ(魚)ニンと名付けたとのことだ。

ところが、この魚、図体の割りに身が少ないのである。だいたい、調理法は薬草を内蔵に一杯詰めて、荒塩を巻き付け焼き魚にする。鰓は取っておらず、魚の皮は勿論食べない。

当然、白身の魚であるから脂が乗っているということもなく、味は薄い。タイ人はカノムチンという冷麺のようなヌードルと辛いソースを一緒に野菜で包め口に頬張る。

   15.05.15-2.JPG
   だいたいどの市場でも手に入るプラ・トォー

私はこのプラ・ニンに比べ、プラ・トォーの方が好きである。こちらは丁度、アジの様な感じで塩加減も適当でご飯のおかずに最適である。小ぶりの割りに身がしっかりしており食べ応えもある。

三匹で20バーツ程度なので、コストパフォーマンスも中々宜しい。アロイ・マーク!


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

GSW JAPAN

雲のやすらぎ
posted by ミスター・ウォーク at 01:03| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アロイ・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

病院の過大請求を調査委員会が再調査

   15.05.14-1.JPG
   インターナショナルホスピタル

タイ保険庁は昨日、私立病院による医療費の過大請求を調査することで合意したとある。これは「タイ・メディカル・エラー・ネットワーク」による要求に沿うものである。

ネットワークに寄せられた3万3千もの陳情が寄せられている実情に対処しようという政府の動きである。

   15.05.14-2.JPG
   バンコク病院パタヤ

しかし、どこの国でも同じようなものだが、評価を下す委員会のメンバーの多くが、そのような問題となっている病院の先生方で占められるのが常で、改革には時間が係ると最初から「言い訳」のようなことを保険庁還長官自身が言っているのだから始末に負えない。とは言え、現実的な話でもある。

どこまでできるか分からないが、何も成されないよりはマシと言うべきであろうか。医療の問題は過大請求のみならず、治療法からインフォームド・コンセントに至るまで問題は少なくない。

軽い病気や治療なら差し障りないが、大事な診療や大きな手術などはできるだけ自国で受診することをお勧めする。ゴーイング タイ ウェイ!

   15.05.14-3.JPG
   パタヤ・メモリアル・ホスピタル


Panel proposed to review overpricing by hospitals
Pratch Rujivanarom
The Nation

BANGKOK: -- THE PUBLIC HEALTH MINISTER agreed yesterday to address the problem of unreasonably high prices charged by some private hospitals at the request of the Thai Medical Error Network, its president Preeyanan Lorsermvattana said.

After accepting the network's petition, which garnered 33,000 signatures, Public Health Minister Dr Rajata Rajatanavin agreed to set up a central committee to tackle the problem and also said he would summon all related agencies to discuss the issue of overpricing.

Preeyanan also quoted Rajata as saying that this was a complicated problem and required time to solve. Rajata told them talks would be held at the ministry as well as with other concerned parties about setting up the panel, as requested by the network.

She said this was just the first step in moves against unfair practices by private hospitals, adding that once the committee is established it would be responsible for setting out fair prices for all medical care, gather complaints and investigate claims of overpricing.

"I hope this committee will become a centre for patients who face this problem," Preeyanan said, adding that making complaints is tough for individuals at present because they have to go through several agencies, such as the Medical Council of Thailand or the Internal Trade Department. There was also no guarantee that their complaints would be addressed because many members of the Medical Council's board were also on boards of private hospitals, she said.

Prime Minister Prayut Chan-o-cha said he has already told the Public Health Ministry to tackle this problem. However, he admitted that the problem of overpricing among private hospitals will affect Thailand's goal to become a healthcare hub.

Source: http://www.nationmul...s-30259946.html



パタヤのお天気一週間



タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:56| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

タイ病院で餌食になる外国人

   15.05.13.JPG
   評価は二分されるが、保険が無ければ行くべきではない

政府が「タイ病院で外国人が法外な料金をぼられるケース」に関心を示したと記事が出ていた。

会社派遣の駐在員のように保険が適用される方々には分かりにくいと思うが、一般的に外国人が行くようなタイ病院、料金が非常に高いのですよ。

タイビザニュースをご覧の方はよく知っていると思いますが、医療の(特に医療費)相談は数多くあるのです。

そして、その医療の精度というか治療の良し悪しもよく問題になりますね。結論からいうと技術と医療費の両面から、できるだけ自国で診療を受けた方が良いということです。

軽い風邪とか、小さな怪我などなら問題ありません。しかし、少し手の込んだ治療や手術などはできれば回避したいものです。

一つだけ、自分の経験から得た知識です。MRIをバンコク病院パタヤで受けなくてはならなくなった時のことです。


CTスキャンがアレルギーのため受けられずにMRIを指示されました。ところが、これが約3万バーツ、現在では10万円以上もするのです。3万バーツあれば、日本に往復できますからね。

そこで主治医に「高い」というと、「だったら、明日、ラヨーンに来なさい」というのだ。彼女が担当でラヨーンの病院で受診できるというのだ。

そこで、白タクに乗りはるかラヨーンの病院まで行きました。するとどうでしょう。同じMRIが2万バーツを切って受診できたのです。

今の軍政のプラユット首相、頑張って欲しいですね。ゴーイング タイ ウェイ!



Government concerned with foreigners being ripped off by Thai hospitals

BANGKOK, 10 May 2015 (NNT) - Prime Minister Gen. Prayut Chan-o-cha is concerned with how foreign patients have been ripped off by Thai hospitals.

According to Government spokesman Yongyuth Mayalarp, the Prime Minister has been aware of complaints related to inordinately high medical bills local private hospitals have collected from foreign patients, and he has been worried about such situations.

PM Prayut has accordingly instructed all related agencies to launch an investigation and identify the solution to this problem, Mr. Yongyuth said.

Three agencies are to take part in the process, including the Medical Council of Thailand, the Health Ministry and the Internal Trade Department, he added.

All of them will hold a discussion to determine the medical fees that are fair to both patients and hospitals and also to work on the possible amendment of related rules and regulations before reporting the results to the Cabinet.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:36| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

水掛け祭りが恋しい暑さ

   15.05.12-1.JPG
   連日の真夏日には正直降参である

毎日、茹だるような暑さである。気温は35度を超えている。ゴルフ場などでは軽く40度を超えているのではないだろうか。兎に角、暑い。

こうなると思い出すのがタイ正月ソンクラーンである。別名「水掛け祭り」と呼ばれるが、なるほど4月が一番暑い季節で、祭りの所以も理解できる。

私の書斎にはエアコンが付いていない。扇風機で凌ぐことになるのだが、空気が暖かいのだから、これ以上云わなくても状況は分かってもらえるだろう。

   15.05.12-2.JPG
   冷たい氷水でも浴びたい気分である

まあ、どこまでいけるか、このまま様子をみてみよう。今年は田舎暮らし二年目、もうすぐ雨季に入るはずである。すると、気温が下がり、肌寒くなったり、また湿気の上昇で嫌な暑さも控えている。

年齢からしても、直還暦を迎える私にとっては過酷な環境である。この歳になって「我慢比べ」するのも人生なのか。これもゴーイング タイ ウェイだ。


パタヤのお天気一週間

http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:THXX0015&q=%e3%82%bf%e3%82%a4+%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%a4

タイのホテル 予約ならココが便利

http://www.agoda.jp/asia/thailand.html

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ


posted by ミスター・ウォーク at 01:09| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

強盗に入り酔っぱらう

   15.05.11.JPG
   忍び込んだ家で飲み始まり酔い潰れる間抜け(写真と事件は無関係です)

エアコンの業者が金持ちの家に忍び込み、部屋にあった外国製の酒を見て、酒好きの彼は拒否できなくなり、瓶に手を出してしまった。散々飲んで酔っ払って寝込んでしまい、気が付いたら御用となっていたという何とも間抜けな事件が起こった。

私はこういうニュースは好きである。窃盗という悪事には違いないが、その結末が人間らしくてたまらない。だって、お持ち帰りという方法もあったでしょうが、盗人に入った家で飲み潰れてしまうなんて、ね、どう考えても面白いじゃありませんか。

まるで落語に出てくるような話ではないか。大いに笑わせてもらいました。こういうゴーイング タイ ウェイなら何時でも歓迎ですね。

Alleged burglar finds foreign liquors irresistible
Started by Thaivisa News, Yesterday, 08:35
Pattaya, Chon Buri:- An air-conditioner mechanic sneaked into a luxurious house of a farang’s Thai wife in Pattaya Friday and could not help helping himself to several bottles of luxurious foreign brand liquors. He eventually fell asleep and woke up being arrested.

Pol Maj Natthakorn Mongkolmaha, an inspector of Nong Plua police station in Chon Buri’s Bang Lamung district, was alerted of the alleged burglary at 4:30 pm Friday.

He rushed to the one-storey luxurious house in the Temperlette housing estate with other policemen.

Inside the house that has a swimming pool, the house owner, Titiya Smith, 32, and a swimming pool cleaner, Wiphaporn Sinbuathong, 29, were waiting for police.

They handed over Pattapong Arunchai, 38, who was sitting heavily drunk, to police. Seven bottles of foreign liquors were placed around him. Some bottles were opened and partially drank. Police later learned that he is an air-conditioner mechanic.

Wiphaporn told police that she was cleaning the swimming pool and she heard someone stomping feet twice. She was surprised so she decided to walk around the house to check.

When she entered the living room, she found Pattapong sleeping on the sofa only with his underwear and with the bottles of liquors around him.

Wiphaporn called her husband to capture the man and alerted the house owner to call police.

Pattapong told police in broken, drunk-like voice that he climbed into the house because he was being chased by a group of hooligans. He said he intended to hide for a brief while and would climb out.

But he saw several bottles of foreign liquors on a shelf in the living room and had a strong urge to try them.

After he had the first drink, he could not stop and he took off his clothes and lied on the sofa to watch TV. He didn’t know when he fell asleep.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

posted by ミスター・ウォーク at 00:10| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サヌック・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

頑張る長野のおっさん

   15.05.10.JPG
   日本人の彼氏を募集中の子も居るよ

タイで唯一の男友達、タクシー運転業のトォーから電話があった。バンコクの空港から日本人を乗せパタヤに向かっている所だった。

約10日間の休暇を取り、タイ人の彼女に会いに来たらしい。たまたま、トォーの車に乗ったので、日本人と知ったトォーが電話をよこしたのだ。

最初だったのと電話だったので長話はしなかった。そして、今日、再びトォーから電話が入った。

今度は日本人の客の方から私と話をしたい希望だったようだ。空港までの途中、トォーの車の中から掛けてきた。

「次回は10月にまた来る予定なので、機会があればお会いしたい」という彼はどうやらタイ人の彼女を日本に連れて帰るプランを持っているようだ。

日本人のチョンガー(離婚組を含め)さんは、中国人が大挙して花嫁探しを始める前にタイ人女性を捕まえた方が良いですよ。すでに、始まっているという指摘もあるくらい。

これからは、益々花嫁探しが難しくなってくるし、阿呆を狙った「結婚詐欺」もあれば、法外(或いはそれに近いような高額な)なサービス料を取られたりと、嫁探しが段々と難しくなる予測は十分なされる時代に突入していると言えるだろう。

文化の違いや言葉の障害などを考えても、一人で寂しい老後を暮らすより楽しいかも知れない。反対につまらぬ苦労をするくらいなら独身で居た方が良いという方もおられよう。

いずれにせよ、自分で決める人生であるが、元々、雲南族と言えば中国の出自、自然と中国パワーが日本人の地位を脅かすのは時間の問題かも知れない。

頑張るなら今がチャンス。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:42| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

息の長い商売フォトプレート

   15.05.09.JPG
   客層が変わるので飽きられる心配がない

この商売、若い人は知らない(特に海外に出掛けたことの無い方々)人も居るかも知れないが、年配の方にはお馴染みであろう。

観光地で個人的に写した写真をプラスチックのお皿(昔は陶器がほとんどだったと思う)に焼いて土産として売る商売である。

普通なら廃れてしまう商売だが、国際観光都市であるパタヤにはいろんな国から客がやってくる。そして、客層が変わることによって同じ商売だが廃れないでやっていられる訳である。相手客が変わることにより飽きられる心配もなく、団体客相手だと群集心理も働いて、一人が買うと我も我もと売れる場合もある。(笑)

昔、亡くなった親父が言っていた言葉を思い出す。「同じネタでも客が変われば商売として成り立つ」という父は「芸人の出し物ネタにも同じことが言える」と付け加えたっけ。

ポラロイドのカメラで撮った写真を売り歩く商売人も見掛けるが、どうして相手が途上国の連中ならまだカメラなど持っていない連中なら商売になる。

もっとも、この商売はもうお終いが近いと見た方が良いだろう。何故なら途上国の連中も今はスマートフォーンを持っている時代となってしまったからだ。

デジタルカメラよりもきれいに写せるスマホもある時代だからなあ。

進歩が早過ぎると、一つのネタで生きて行くのが難しい時代になってしまった感もある。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:35| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ・ペン・ライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

結構住んでる日本人

   15.05.08.JPG
   入管で一緒になった方のパスポートを間違って受け取ってしまい・・

今日は県都サコンナコンの入管事務所に90日レポートに出掛けた。9時前のバスに乗ったのだからサコン方面行きにしては早い時間である。

バスターミナルから市バスに乗り換え入管のあるサコンナコン警察署まで行く予定だったがビッグCで下りて歩くことにした。

猛暑の中だが、今日は水筒も持参している。やはり、歩くのは好きだ。10時半前には入管に到着できた。

先客が二人。一人はファランでもう一人が何と日本人。パスポートが見えたのですぐに分かった。先方も私のパスポートの色で同じ日本人と分かったと思う。

いつもの担当官ミスター・ソムチャイが私を見て、「今日は何の用?」と先客のファランの手続きをしながら相手してくれた。

私が「90日レポートです」と言うとすぐにパスポートと申告書を受け取ってくれた。用紙の記入は家で済ませてきた。

しかし、ここでハプニングが起こる。ソムチャイ氏が私に返してくれたパスポートが先客の日本人のパスポートと間違えていたのだ。川田さんという方ですぐに指摘してくれたので、自分のパスポートを間違えずに返してもらうことができたが、それがなければ、そのまま彼のパスポートを受け取って帰ってしまうところだった。

これが縁で彼と立話をすることになった。一緒に来ていた奥さんは日本語ができないといい、その前の苦労話を聞かせてくれた。彼曰く「サコンには結構日本人が住んでいるんですよ」。やはり我らが日本人はファランと同等クラスで、移住者も多い。

それにしても「何でまた(バンコクから800kmも離れた)サコンなのかな?」と思いながら帰ってきた。そう言いながら、自分も同じなのだが・・・。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:25| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

過酷なイサーン暮らし

   15.05.07.JPG
   猛暑に湿気、豪雨に雷、底冷えの冬もあったり過酷なんです

タイ東北部を称してイサーンという。バンコクやパタヤ、或いはプーケット、ホアヒンなど観光地にしか行ったことの無い人にはこのイサーンの地がどれほど過酷なのか想像ができないのではないだろうか。

今が一年で一番暑い季節とされているが、本当に暑い。あの日本の嫌らしい暑さに匹敵する。前にパタヤに住んでいた時はこのようなむさ苦しい暑さは感じたことがほとんど無い。

都会ではだいたいエアコンが効いている場所が数多くあるからね。私の自室にはエアコンを敢て付けていない。もっぱら扇風機である。

そして、この猛暑から雨季に入るとこの暑さに湿気が加わる。それは10月くらいまでは続くであろう。11月くらいから北は中国辺りからの寒風が吹き出し寒くなる。

タイの気候に慣れてしまうと10度以下になると日本の丁度零度くらいに感じるようになる。この寒いのも嫌な天気である。夜から翌朝に掛けて寒くなるのだが、寝込んだ後から冷え込むなんて変わり方をする。容易じゃない。

エアコンも付けていないのに、イサーンでは珍しいとされる暖房器具があるのだから、私の言っている意味をご理解いただけよう。過酷なイサーンの天気である。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:39| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

見せるための下着、見られるためのブラジャー

   15.05.06-1.JPG
   これはハロウィーンのコスチュームなんですけど

パタヤに7年も住んでいたので、女性たちのセクシーなコスチュームやセックスアピール抜群のスタイルには慣れっこになっていたのだろう。それが極々普通だからである。

田舎へ越してきたら、そんなもの全く無し。まあ、当たり前と言えば、それが極々普通のことで当たり前なのだろう。

私の個人的感想だが、タイ人女性はセックスアピールが上手だと思う。なるほど、日本語の「カワイイ」が流行るのも、彼女たちのセンスにマッチするからだろう。

年齢に限らず、アピールは上手である。嘘だと思ったら、ローカルのモーラムコンサートへ行ってごらんなさいな。ステージ壇上で踊るコヨーテに負け地と踊る普通の女性たちも凹んでいませんよ。

中にはダンサーたちよりももっとアピールしているような子も居ますからね。

   15.05.06-2.JPG
   レースの下にははっきりブラジャーが見えている

まあ、それにしても画像をご覧になって、もうお分かりでしょうが、パタヤでは薄着は当たり前なんですが、この子なんてレースの下に着けてるブラジャーが丸裸ですからね。「ねえ、見てえー」って感じでしょう。

見られても良いのか、マイペンライなんですかね。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:18| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

ビールが飲みてえー

   15.05.05-1.jpg
   ビーチロードのバーで飲むビールは格別

いや〜、本当に暑い。「暑い」と書くより「熱い」方が適しているくらいに暑い。(笑)冷たいビールを飲んだらさぞ美味いだろうなあ。

しかし、今度、膵臓が悲鳴を上げたら最後だと通牒を突きつけられたからね。今でも怖くて手も出せないくらいである。

そうは分かっていても、手が伸びそうになるくらいの暑さである。タイでは四月が一年で最も暑い季節とされており、文字通り「サマー」である。

   15.05.05-2.JPG
   ビーチロードには自分の好きな店が幾つもあったっけ

元々、酒好きの私であるが、日本に居た時はウィスキー専門。できればシーバスをロックで飲むのが大好きだった。もっとも、それを毎晩飲んでいたので、膵臓が怒れちまったと言えばそうなのだが・・・。

パタヤに越してきて、初めてビールの好みがウィスキーを超えたのだった。この暑さにはウィスキーよりビールの方が似合う。そして、私をビール好きに変えさせたのはビールの小瓶のラッパ飲みである。

大瓶はラッパ飲みに似合わないし、飲みきるまでに温まってしまう。それに比べ、小瓶は丁度良い飲み量なのだ。

おおっと、あまりビールの美味さを書いたので、喉が鳴り始まってしまった。まだまだ禁酒は続けなければならない。次回は病院ではなく(行く所は)寺だ、と医者に言われているのだ。悔しいが、今の俺にはこれがゴーイング タイ ウェイなのだ。!



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:38| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ・ペン・ライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

刺激の少ない田舎で反応してしまう時

   15.05.04-1.JPG
   垢抜けした彼女は以前、バンコク、パタヤに住んでいた

パタヤのように、街ぐるみで風俗が成り立っている所からど田舎へ越して来たのだから、刺激は全く無いと言っても過言ではない。

思い出すのは一年前、一番最初に大市に出掛けた時のことだ。基本的に老人と子供しか見当たらない田舎暮らし。せめて、大市くらいの人出があれば、多少の若い娘っ子たちを見掛けるだろうと淡い期待を寄せて出掛けて。

   15.05.04-2.JPG
   パタヤではセクシーな姿は当たり前

言うまでもないが、それはすぐに粉砕されてしまった。ドキドキするような娘っ子は存在せず、恐らく売れそうな若い子たちは全員、都会に出てしまっているのだろう。(笑)

このブログでも書いたが、偶然出掛けたデパートでコヨーテダンサーが超ミニのホッとパンツで踊っていたのが、一番セクシーだったくらいである。

それほど刺激の無い村で、一昨日は二人の娘っ子を見て、興奮してしまった。一人が昨日書いた村の祭りでモーラムコンサートに来ていた。超美人という訳ではなかったが、小柄なキュートな子でバストにタトゥーをしていた。彼女の乳が美乳だったので、興奮したねえ。

その晩のこと。タバコを切らした私はチャリンコで村中央にあるコンビニに出掛けた。セブンとかファミリーとか違ってローカルのコンビニ。夜も9時を周っていたので、その店の娘がレジをしていた。

この娘がノースリーブで、腕の脇から真っ白いブラジャーが見えたのだった。こんな刺激は一年に一度か二度だからね。まるで、一年間我慢して慣れた田舎暮らしへの「ご褒美」のように感じられた。(笑)


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:31| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

耳が遠くなる親友との会話

   15.05.03.JPG
   テレビの音量レベルは90を超えた爆音

現在、タイで一番の親友であるデル・ボーイは当年とって68歳、夏には69歳となる。数年前にパーキンソン病を患い、少しずつ悪くなっていく。ゴルフはすでに数年前に止めており、最近では、去年の6月以降、急速に歩くのができなくなってきた。

パタヤ滞在二週間の間、ずっと親友宅に世話になっていたのだが、今回の訪問ほど困惑したことはない。

すでに、何度もデル宅には泊まったことがあり、世話好きのデルには毎回、感謝していたが、今回は初めて、嫌味なことを何度も口にされた。今までにない「お前は俺のカミさんと同じで英語が下手だ。」「まったく話を聞いていない」等々、大凡、今までに見られなかった態度なのだ。

そして、私はあることに気付いた。マンチェスターユナイテッドが好きで、サッカーの試合があると夜遅くでも起きて観戦するのであるが、ペイTVなのでマンUの専門チャンネルを視聴している。

彼のテレビはサムソンの薄型なのだが、ソファの位置まで1mくらいしかない。私には音量が30程度で十分過ぎるほどよく聞こえるのだが、デル・ボーイはいつも倍の60程度で聞いていた。

この音量だとお互いの声はもはや通じない音量である。私は度々、ボリュームを落として、会話ができるくらいの音量に調節した。

すると、どうだろう。デル・ボーイはリモコンを手に取って再度、ボリュームを上げるのである。二人で下げたり上げたりを繰り返していたが、最後の頃には音量レベルが90を超えてしまっていた。

これで、それまでの彼の態度が全部理解できてしまった。つまり、耳が遠くなってしまったのだ。だから、カミさんや私の言っていることが聞きとれなくなっているのだ。

その上、病のせいで、彼自身の口調がモゴモゴ言っていてはっきりと話すことができない。カミさんも私も一生懸命に聞こうとするのだが、もはや彼の言っている言葉が理解できないほどだ。

寂しいことだが、会話が成り立たなくなりつつあるのだ。彼を見ていたら、つくづく「歳はとりたくねえ」と痛感した。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:19| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

いい女になったリーナ

   15.05.02.JPG
   キュートマッサージのスタッフ

*クイズ* 私(リーナ)はどの子でしょう? 愛読者の方はもうお分かりですよね。  答えは一番下

二週間の滞在時、一つだけ除いてやりたい事は全てできたつもりである。そのやり残した一つというのがマッサージである。

マッサージと言っても、どの店でも良いという訳ではない。私はリーナが指名で、彼女のマッサージを受けたいというのが希望だったのだ。

二週間も滞在するのだから、どんなに忙しい彼女でも一度くらいは彼女のマッサージを受けられると思っていた。

だが、残念だがそれは叶わなかった。最初、店(キュート・マッサージ)を覗いた時は私の姿を見つけて接客の手を止め、外にまで出てきて挨拶したリーナ。二時間待ちと聞いて「出直すよ」と言ってその日は出来なかった。

それから数日後、昼過ぎくらいだったので丁度時間的に良いと思い、再び店に立ち寄るが、その日もリーナに客が付いた直後だったのでダメだった。

三度目も四度目もいつもリーナは接客中で、結局、時間切れ完敗となってしまった。それにしても、益々色気が付いて綺麗になっていたリーナだった。ゴーイング タイ ウェイ!

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

*答え* 前列右から二番目


ベクノールEX

風神雷神王

極GOLD

posted by ミスター・ウォーク at 00:17| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ美少女紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

何時の間にか消えてしまった

   15.05.01-1.JPG

今回のパタヤ再訪二週間、親友宅にはWiFiがあるので、毎晩ブログもアップできると考えていた。

到着初日、親友の奥さんが留守でパスワードが分かったのはその日の晩だった。だが、パスワードは番号が間違っていて、翌日訂正されてやっと繋がった。

   15.05.01-2.JPG

ところが、どういう訳が三日目から、またもやネットが不通になってしまった。以前、親友宅の近所のホテルに住んでいたこともあり、パタヤではネットが不通になることがしばしばあったので、翌日、再トライしたがやはりダメだった。

ノートパソコンもスマートフォーンもどちらもダメなので、「こうなりゃ仕方ないからネット屋でやるしかないか」と出掛けた。

しかし、驚いたことにあれほど有ったナクルアのネット屋さん、何処を探しても無いのだ。メインストリートには50m置きに一軒のネット屋を見つけることができたのだが・・・・。

   15.05.01-3.JPG

自分もそうであるように、大概の旅行者もタイ人の個人も皆パソコンもスマートフォーンも自前で持っている時代となったのだ。今更、ネット屋さんに出掛けてインターネットをする客もいないということだろう。

丁度、携帯電話の普及で公衆電話が無くなってしまったのと同じことである。それにしても、長期投資のビジネスはもはや成り立たないのは世界のいずこも同じであろう。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:10| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホワイトラグジュアリー