2015年04月30日

こんな恋がしてみたい?

   15.04.30.JPG
   だいたいこの位の歳周りになるのかな

いやー、凄いですね。82歳の爺さんと42歳のガールフレンド。どちらもタイ人のようです。

チェンマイのモーテルで起こった事件ですが、別れ話がもつれてこのような事件に発展したようです。

恋愛は付き合い始めが一番ワクワクして素敵ですが、どちらか一方が冷めてしまった場合は悲惨ですね。特に冷えて無い方が夢中だったりすると、これはもう致命的です。

私なんか別れた旦那が現れ、息子と娘と家族旅行に行かれてもケロッとしていられる心境なんですから、これはもうこんな事件に発展するような「余地」はありませんね。いたってクールです。

でも、ある意味、この爺さんのような熱烈な恋愛をもう一度してみたい気もしますなあ。ゴーイング タイ ウェイ!


82-year-old boyfriend kills 41-year-old girlfriend
Chiang Mai – Police have arrested and charged Srimuang Panyasoong, 82, for killing his girlfriend Lalita Thampanya, 41.
Alerted by hotel attendants, investigators from Chang Phuak police station went to investigate the killing at a love motel on Suk Kasem Road, Tambon Pa Tan, Mueang Chiang Mai district.
They found the Lalita’s naked body lying on the bathroom floor. The victim had multiple knife wounds in the chest and body. She was strangled with a brassiere.
The victim’s motorcycle with a bag of fruit and vegetable was left parking in front of the room.
The hotel attendants told police that the victim and her boyfriend would check in at the love motel about once a week.
Before her death, the victim and the boyfriend arrived in separate motorcycles as per usual. Later the boyfriend rode out alone. And the hotel attendants found the victim dead when they opened the room for cleaning.
After checking records and security camera footage, police tracked down Srimuang to his home located near the motel.
They also uncovered the knife, believed to be the murder weapon pending forensic check.
Srimuang admitted to killing Lalita because of jealousy because she tried to break up the relationship for another man.
He said he met Lalita who worked as a waitress at a vegetarian restaurant on Mulmuang Road. He had weekly tryst with her for years. Recently she refused to see him.
Yesterday, he happened to meet her at the market and convinced her to see him for the “last time” at the motel.
The two had heated argument about their relationship and he lost control, he said.
He said he used the brassiere to strangle her. As she was struggling to free herself, he took out the knife to stab her until she “stopped moving”, he said.
After the killing, he rode home to await police, he said.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:14| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

実感できる為替による物価

      15.04.29-1.JPG
      為替の要素は非常に重要である

一昨日は「安くねえぞタイ暮らし」でこの数年の為替レートの違いを書いたが、1バーツが凡そ3から4バーツというのが味噌である。

近年の最高安値で最近乗った高速バスの料金を出してみよう。恐らく為替による物価高を実感してもらえるだろう。

最近の原油安で数バーツ値下がりしたが、田舎サコンナコンの村からバンコク、モーチットターミナル行きのバス代が526バーツであった。

これを二つの為替で日本円に換算してみるとこうなる。最高値を付けた2.45円で計算すると1288円、最安値3.70円で計算すると1946円となる。

同じB526バーツでも円換算で658円も違ってくるのである。これがローカル通貨のタイバーツの怖さでもある。

輸出企業には有利と言われる通貨安だが、通貨の購買力が落ちると海外からの購入代金が高くなることは自明の理である。経済専門のブログではないので、そちらは専門家に任せることにして、いずれにせよ通貨安が即、購買力の下落を実感していただけただろう。

以前、私が住んでいたホテルの家賃が月9000バーツ。僅か1.1円のバーツ高で1万円も違ってしまうのだ。

   15.04.29-2.JPG
   レストランや屋台の値上げは5バーツ単位が普通

タイでは安い方に入るローカルの屋台やレストラン。料金値上げとなると1バーツ単位ではなく、大概の場合5バーツ、10バーツという単位で値上げする。

1バーツ2.4円で計算すると12円から24円の値上げ、これが1バーツ3.70円で計算すると18.5円から37円の値上げという訳である。

物価の動向も重要だが、この為替による通貨価値の下落は海外から移住しているファランにとってどこの国であれ、一喜一憂する重要な要素なのである。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:27| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

久しぶりのWSに相棒も勃起

   15.04.28-1.JPG
   久しぶりのウォーキング・ストリート

親友デル宅滞在の二週間は二人にとっても充実した二週間であった。共に「臨時チョンガー」となり、私の希望もあり、同じパターンに嵌らず、バラエティーにとんだプログラムを組めた。

その一つがウォーキング・ストリートであろう。何しろ、デルはファランなので、WS自体に余り興味が無い。私は好きだが、毎度、毎度、WSというのは好きじゃない。

やはり、あそこはたまに行くから良いのである。それに、お弁当の連れ出しにしても旅行者価格となっているため、在住者にとっては高額である。

   15.04.28-2.JPG
   若い綺麗なダンサーに興奮するデル君

二人にとっての久しぶりのWS巡りは一番奥の方にあるペパーミントから始まった。親友デル君はのっけからプルプルしているおっぱいに興奮、すぐに手を出してしまいNG。何とか20バーツ紙幣で誤魔化したが、余りやり過ぎると警備員が飛んで来ないとも限らない。(別にどおってことはないのだが)

まだ8時を少し周ったばかりで観客も多くない。ビール一本でペパーミントを後にする。

そこから、道を戻り、ハッピー・ア・ゴーゴーに立ち寄る。やはり、ここはビーチクラブのチェーンで同じオーナーの店。若くて綺麗どころがずらっと並んで踊っている。

でも、この系列はどちらかというと日本人を始めアジア人の好みで、余りファランの好みではないようだ。とは言え、相当数のゴーゴーガールが居る訳でファランだって好みが居ないという訳ではない。

またまたデル君が手を出し始まったので、次の店に移ることにする。系列で日本人にも馴染みのスーパー・ベイビー。やはり、この店も日本人が好む肌の白い子が多い。ほとんどの子が真っ白のブラジャーとパンティーを付けており、ストリップといってもトップレスがほとんどである。

   15.04.28-3.JPG
   アジア系の観光客に人気のロシア人

この辺でデル君は「爆発寸前」となっていた。時計を見ると9時を遥かに周っている。来る途中、ソンテオ内でデル君が知り合ったマッサージ嬢との約束があった。

急いでバンブーへと歩いた。すでに30分超過した約束の時間。取敢えず、店内を一回りしようと奥まで進むと、嬉しいかな、デル君の彼女はすでに来ていた。

ところが、別の男女と腰掛けていたため、我々は彼女の横の席に付いた。デル君の彼女は我々の到着を知っているのに、こちらのテーブルに移って来ないどころか顔も向けないのだ。

デル君、下半身の怒りは上半身頭部の怒りに変わっていた。私はデル君の怒りを静めるため、ソイ6に移動を薦める。

最後はソイ6のオー・バーで締め。やっと、デル君の欲望もこの店で終演。帰りは二人共、初めてタクシーを利用することになった。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:47| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

安くねえぞタイ暮らし

   15.04.27.JPG

ご覧の紙幣はタイ通貨の1000バーツ紙幣。最近の為替レートでいうと10000円で2690Bで計算すると約3.7円である。私の過去メモを見ると2007年5月に2800Bというのがある。

2012年1月に4080Bというのが最も円高だった時である。つまり、私が越してきて以来、円の価値は一番高い時で1B=2.45円、そして最近の円安でつけた1B3.7円となる。

分かり易く言うと以前の一番高い時で1万円を両替するとB4080になったのが、最近のレートだとB2690しかもらえないということである。

約35%の下落ということになる。この影響は只事ではないだろう。年金暮らしの人など、低収入で定収入の人にはたまったものではない。

その上、タイの物価もずっと上がってきている。現在は原油価格が下がっているとは言え、すでに前の原油高の時に値上げされた物価はそのままである。そして、もし、急遽原油が値上げでもしたら、またまた値上げに繋がるであろう。

タイで暮らそうと思っても、かつてのような「安く住める楽しい国」ではない。少なくとも「倍」の予算を持ってくるか、さもなければローカル同様の暮らしを強いられることになる。そのローカルの暮らしでさえ、すでに「安く」はなくなっている。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:58| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

逃した魚は超ビューティー

   15.04.26.JPG
   宮里藍ちゃん似のミルクちゃん

ウボンラチャターニー出身のミルクちゃんとの出会いは昨日書いた。それにしても、最近では中々居ないタイプである。

どうしても滞在中にもう一度ミルクちゃんに会いたくて、三日後、親友デル・ボーイを置いてバイクで出掛けることにした。丁度、この日、今回の用事が済んだことも手伝った。

ナクルアのデル宅からモーターサイで20分も係らずカオノイだ。14日で飲み屋以外でも街路で水掛けをしていた。

エンジェルに到着して、外に出ているホステスにミルクの所在を聞こうとドアの前を通ると中のカウンターにミルクの姿を確認することができた。残念ながら先客が居たのだ。

外のホステスが中に入るように促すが、私はミルクに会いに来たと告げ、ストールに腰掛け、先客が帰るのを待つことにした。

すると、どうだろう。一分も経たないうちにその先客が店を出ていったのだ。恐らく、ミルクが「お客が来たの」とか長髪の爺さんに言ったのだろう。

再会は良かった。やはり、今回の訪問で一番可愛い子である。少しシャイな性格が魅力を増す。

このエンジェル、親友の話ではマンゴ・バー同様、付随の小部屋が無く、奥の場所をカーテンで仕切ってサービスをする店だと言われていた。

だが、奥には部屋があり賃貸の事務所となっており、サービスを受ける場所など何処にも無かった。

しかし、それが「捕り越し苦労」だということに気付かされるのに時間は要らなかった。店のシステムを聞きながら、同伴外出できるか確認するとどうも返事の切れが悪い。

そして、その日が彼女のメンスだと感づいた。私がタイ語でその辺のことを言うと彼女は黙って頷いた。そこで、計算すると私がパタヤを離れる日当たりが最終日となるようなのだ。

(勿論、彼女が嘘を言っている場合もあるだろうが)今回の滞在中に、ミルクを誘い同伴外出するのはどうやら無理らしかった。

最近、こういう子に当たっていないので、非常に残念な結果となった。逃した魚は余りにも可愛いビューティーだった。ゴーイング タイ ウェイ!


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ベクノールEX

極GOLD
posted by ミスター・ウォーク at 00:33| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ美少女紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

時を逸したミルクちゃん

   15.04.25-1.JPG
   カオノイのパラダイスを皮切りに

二週間の滞在となったパタヤでの「ジャングルツアー」はカオノイの梯子で最高潮を迎えるはずだった。

少し、話が急ぎ過ぎている。冷静になろう。

滞在五日目、すでにソイ6もバンチャンも消化していたので、この日は親友デル・ボーイも久しぶりとなるソイ・カオノイに焦点を当てた。

カオノイと言えば昔、ナクルア三銃士が揃って「生尺」を受けたマンゴ・バーがあるところである。

歩きが思うようにならなくなったデル・ボーイを考慮して、ナクルアからモーターサイで一気にカオノイのパラダイス・バーまで行ってしまう。大通りのスクムヴィットが大混雑しており、ソンテオを選択しないで正解だった。

バイクなので、渋滞していてもスルリと車の間を縫って走り抜けられるからこのような渋滞の時にはもってこいである。

この日のパラダイス・バーはホステスが6人くらい居たが、該当者はゼロ。ビールを飲んでいたデル・ボーイを急かして次の店に移動する。

すぐ近くにデルのかつての「ご用達」ゴー・グレスに立ち寄ることにした。しかし、驚いたことにゴー・グレスはドアに鍵が係り閉店していた。

そこで、モーターサイを再度遣い、カオノイの一番奥の方にあるブラック・シープをトライすることにした。ここは私が最後に行った時(二年前)、良い思い出があるバーである。

残念ながら、このバーにも我々が探しているような子は居ない。またもやビール一本で失敬する。

そこからは歩きでマンゴバーへ。私が先に入るとショートヘアの可愛い子が居た。デルに付いたのは残念ながら年増のホステス。しかし、私のホステスを見ながら「薬」が効いてきたデル・ボーイはこの小母さんホステスと奥のソファに移動することになった。

実はこのマンゴ・バー、ショート用の小部屋が無いのだ。そこで、店内で「ロッテ・お口の恋人」のサービスをしているのである。

通常はホステスの年齢に非常に拘るデル・ボーイ。だが、これが「生尺」となると、彼の場合、年齢は一気に関係無く成ってしまう。年増の方が演奏が上手だからであろうか。

私もデルに続いてウドン出身のラックと一緒に奥のソファに。見るとデルがすでにズボンを下ろしサービスを受け始まっているではないか。同じ長椅子に掛けながら二人で至極の「演奏」を聞いた。

気分さっぱり、マンゴ・バーを出てきた二人。まだ、陽が沈むまで時間がある。すぐ隣のエンジェルを覗きたいとデルが言うので付き合うことになる。

先に入ったデルに続き店に入ろうとすると、外でコイティオを食べていた少女が箸を置き、私の後に付いてきた。この子がミルクちゃん。今回の訪問で一番可愛い子だった。

最初は薄暗くて彼女の魅力に気付かなかった。それとも、すぐ前の店で「発射」してしまったからだろうか。しかし、目が慣れてきて、彼女の顔を近くからじっと見るともの凄く可愛い感じなのだ。一寸見、宮里藍ちゃんぽい顔をしている。

そして、体が綺麗だった。三十、四十の小母さんたちのように腹の周りがぶるぶるしていない。胸は豊胸をしていないので、小ぶりで綺麗だった。感触も良かった。最初は「俺のこと、余り好きじゃないのかな」と思っていたが、話をするうちに打ち解けてきた。そして、そのうち、自然と口と口を重ねていた。

こんな素敵な娘がいるのなら、前の店でセーブすれば良かったと思ったが「時、すでに遅し」。

すでに前の店で「終了」してしまっている。私はミルクちゃんを見つめながら、「帰る前に是非、またもう一度会いに来よう」と心に誓った。マイペンライ!だ。


パタヤのお天気一週間

http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:THXX0015&q=%e3%82%bf%e3%82%a4+%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%a4

タイのホテル 予約ならココが便利

http://www.agoda.jp/asia/thailand.html

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

posted by ミスター・ウォーク at 00:36| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ・ペン・ライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

8歳の妖精シンディー

   15.04.24-1.JPG
   遊びは子供の「サロンごっこ」

親友デル・ボーイの家に滞在中の出来事である。ソン・クラーンの休暇中、奥さんと娘は田舎へ里帰りして居なかった。

そこへ娘の友達シンディーが遊びに来た。シンディーも同じ住宅の住民である。米国人の父親とタイ人母親のハーフである。

デルの話によるとシンディーの父親は女運が悪いらしく、現在の最初と二番目の奥さんと別れ、三番目のタイ人女性は数カ月の付き合いで出て行ってしまったそうだ。

最初の結婚で生まれたシンディーだったが、二番目の奥さんからは余り可愛がられなかったそうだ。

シンディーにとっては父親が頼りなのだろう。だが、すでに50過ぎで心臓を患っている父親は一緒に遊ぶことができないようだ。

私とデル・ボーイが共有プールで泳いでいるのを見て、一緒に泳がせて欲しいと頼んできた。8歳の子が直接、保護を頼んだのだからしっかりしている。

デル・ボーイもシンディーの父親同様、パーキンソン病を患っており、シンディーと一緒に泳ぐなどとても無理。そこで、私が一役買うことにした。

デルの娘と同じ学校に通うシンディーは英語が達者でおしゃべり。大いに笑わせてもらった。

シンディーと一緒に遊んでいると、デルが「家に戻る」と言い残し、プールから出て行ってしまった。

   15.04.24-2.JPG
   子供でも老人でも人間は「色っぽさ」の感性は一生付いている   

私はシンディーと一緒に遊んでいたら、シンディーが私にヘアーサロンの客の役をするように強要した。

何の真似かと思ったら、シンディーは将来自分でサロンを経営する「夢」を持っているらしかった。

プールに仰向けになるように指示され、その通りにすると、ヘアーサロンでやってくれるように頭を洗ってくれた。実に気持ち良かった。

すると、それが終わると今度はマッサージだというのである。おませな子なので、ドギマギしてしまう。

やっと、シンディーから解放され家に戻ると、デル・ボーイが言った。「気をつけないといけない。もし、シンディーが「この人に触られた」とか言われたらアウトだぞ」と。

まさかと思ったが、有り得ない話でも無いと気付き青くなった。シンディーが父親に変な作り話でもしたら、父親から訴えられることだってある。他にも誰かが「あの人は少女と遊ぶ変態よ」とか、近所の人がポリスに訴えたりしたら、その場でアウトだろう。いや〜、全く嫌な世の中だよね。でも、それくらい世の中が乱れているってこと。気をつけなければならない。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:THXX0015&q=%e3%82%bf%e3%82%a4+%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%a4

タイのホテル 予約ならココが便利

http://www.agoda.jp/asia/thailand.html

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

posted by ミスター・ウォーク at 00:22| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

奇形少女の告白

   15.04.23.JPG
   スパイダーの奥に69の看板が見える

親友デル・ボーイ邸宅に滞在中、ソイ6を何度も散策した。ヴィクトリーインで彼の飲みたいビールが置いてあるからだ。オールド・スぺクルド・ヘンという英国のビールである。

多くの仲間の英国人と違い、デルと私の好みは似ているので、ソイ6は散策に持って来いである。

好みの少女を探して歩くのが二人共好きなのである。他の仲間はこの「探し歩き」ができないというか嫌いなので、大概の場合、誰も良いということになる。
しかし、私とデルは好みが見つかるまで、探し歩くのだ。

ビールを二杯も飲むとほろ酔い気分で絶好調になるデル。私は飲まないので、もっぱら話相手となる。

「薬」も効いてきたところで、場所を変えることにした。店を出て、冷やかし歩きをしていると、一人の美少女が目に止まった。彼女はルート69の店先に出した椅子に腰かけていた。

ショートヘアの美少女に近づき名前を聞いた。「中へ入ってよ」という彼女の誘いを「連れがいるから、すぐ戻るよ」と言い残し、先を歩くデルに追いついた。

ビーチロードまですぐ近くまで歩くと、引き返そうということになり、再びセカンドロード方向へ逆戻り。デルと私はいつもこれを繰り返すのだ。

そして、ルート69の前まで来ると、先ほど(すでに名前は忘れていたが)の美少女がファランと話をしていた。一足遅かったか?と悔やんだが、そのファランがすぐにその場を去ったのだ。

「ラッキー」と思い、彼女に近づく。今度は薦められなくても中へ入る。ドリンクを飲みながら談笑するも間も無く、二階に上がることにする。

部屋に入った直後、ベッドに腰掛けた美少女が突然言った。「私、これだけと構わない?」そう聞きながら彼女は両手を広げて見せた。な、何と、彼女の両手は奇形だったのだ。指が第一関節までしか無かったのである。

「全然気にしなくても大丈夫。でも、握ることはできるの?」と聞くと、「できるわよ」と言いながら私の愚息を握るのだった。

立ち上がった彼女の服を脱がせながら、下を見ると、な、何と足の指も同じだったのである。

私の頭は撹乱していた。大丈夫とは言ったものの、どの様に感じて良いものかのか判断がつかなかった。奇形に興奮すべきか、興醒めすべきか、頭が錯乱してきた。

顔もおっぱいも凄く綺麗で、それだけでも十分だった。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:THXX0015&q=%e3%82%bf%e3%82%a4+%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%a4

タイのホテル 予約ならココが便利

http://www.agoda.jp/asia/thailand.html

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:13| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

今年の二大ソン・クラーン美女

   15.04.22-1.JPG
   可愛い愛くるしい仕草がたまらない

パタヤのソイ6、7、8と言えば水掛け祭りのメッカであります。ス・ゴ・イ!です。歓楽街ですから、お姉ちゃんたちも多く、「水商売」ですからお手の物。

いや〜、やっぱり、パタヤのソン・クラーンは最高です。例年なら間違いなく、水鉄砲を手に出て行くのですが、今年は初めて「武器」無しでした。

ソン・クラーン用に購入した防水カメラを持って、写真撮影だけに拘りました。ソイ・8から7へ周り、そして締めはソイ6。

   15.04.22-2.JPG
   デル・ボーイは歯が立たなかった
ソイ6と言えば親友デル・ボーイが同行しない訳はありません。パーキンソン病が徐々に進行しており、歩行にも支障が出始めているようですが、頑張って歩きましたよ。

私とデルの好みは似ているので、バッテンすることもよくあります。この二人はそのバッテンの一例です。どちらの子も抜群にセクシーでしょう。

デル・ボーイが二枚目の子にアタックしましたが、全く相手にされませんでした。何しろ水掛け合戦に夢中でしたから。私にも残念ながらチャンスは訪れませんでした。ゴーイング タイ ウェイ!
posted by ミスター・ウォーク at 00:17| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

いきなりパンティー

二週間のパタヤ滞在は7日の早朝に始まった。用事半分、休暇半分の滞在はジョムティェン入管の隣にある弁護士事務所からのスタート。

親友で滞在先のデル・ボーイも一緒に同行することになった。四、五年前にパーキンソン病が発覚したデルは今年で69歳となる。

去年、6月にラオス(ビエンチャン・バンビエン・ルアンパバーン)の旅まではそれまでと変わらず動けていたデルだったが、その旅行後、9月のラオス(ターケーク)から動きが悪くなっていた。

そして、病状の悪化は更に12月のラオス(サワンナケート)で決定的になっていた。私は何故一年に三度もデルと旅行したのかと言えば、彼の病状の悪化を感じ取っていたからだ。

カミさんには「今年が二人で旅行できるのも最後の年になるかも知れない」と理解を得られるように努めていた。

去年の11月と今年の1月に所用でバンコク・パタヤに出掛けることになった時にデル宅に滞在して世話になっていた。そのデル・ボーイがタイ正月のソン・クラーンにパタヤに遊びに来いと誘ってくれた。

私は出掛ける用事を作り、カミサンを説得しなければならなかったが、丁度、長年の懸案であった「リヴィング・ウィル」と「ウィル(遺言書)」の作業があったので、カミサンも理解したはずだった。

と、いうことで、私の滞在の前半はこの作業に追われることとなった。まず、翻訳にどの程度の費用と日数が係るか、法律事務所で確認するために、到着日に隣町ジョムティェンに向かった。

以前に目を付けておいた法律事務所は入管のすぐ脇にある。1ページ、B400という看板を見てメモしておいたので、その確認と日数である。何しろ13日からはソン・クラーンとなってしまう。

私を相手してくれたフィリピン人は「原稿を見ないと何とも言えない」と料金の確認はできなかったが、翌日に持ち込めば10日、金曜日には受け取れるという返事だった。

11日の土曜日からは15日まで事務所が休みになってしまうという。必要な情報を得たので、戻ることにした。

   15.04.21.jpg
   丁度、こんなような感じでございました

そして、帰りのソンテオで望むような素敵なハプニングが待っていた。パタムナックの丘から乗ってきた20代のロシア人と見られるご婦人が超ミニのワンピースを着ていたのだ。

長い足にハイヒール、その上ミニスカートである。私の斜め前に座ったそのご婦人は用心して足を付けスカートの裾の上に手を置いた。ちらっと見ると斜めにしているご婦人の足は綺麗な足だった。

ご婦人は南パタヤまで来ると我々より先に折りるようだった。そして、その瞬間にミニスカートの奥から真っ白なパンティーが目に飛び込んできた。思わず食い入るように見てしまった。

ほんの僅かな時間だったが、「ふーむ、やっぱりこれがパタヤだ」と内心、唸ってしまった。ゴーイング タイ ウェイ!

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

極GOLD

ベクノールEX
posted by ミスター・ウォーク at 00:06| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソンテオ物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

9年連続のソン・クラーン

   15.04.20-1.JPG
   やっぱり「海」のある生活は好きだ!

   15.04.20-2.JPG
   同じ暑さでも、内陸とは「風」が違う

   15.04.20-3.JPG
   パタヤのソン・クラーンは「世界最高」

   15.04.20-4.JPG
   バンコクやチェンマイよりもロケーションが良いと思う

   15.04.20-5.JPG
   観光客の目的も「水掛け祭り」だ!


まさか、今年も参加できると思っていなかったタイ正月「ソン・クラーン」。私が一番好きな「タイ」が此処にある。

多くの在住ファランたちは、この時期、パタヤを避けて居なくなるが、私にとっては絶対に見逃せない最高のイベントである。徐々にパタヤも「悪い方へ」変化しているが、それだからこそ、一年に一度、このイベントだけは外せない。サヌック・マーク!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

   
   
   
posted by ミスター・ウォーク at 11:49| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サヌック・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

いよいよ国民的休暇がやってくる

   15.04.09-1.JPG
   タイ人の国内旅行も旺盛です

元々、のんびりしている村の暮らしだが、タイ正月ソンクレーンを迎えるにあたり、すでに休暇モードが漂っている。この所毎日、タイの気象庁が発表しているように猛烈な暑さである。

タイでは四月が年で一番暑い季節とされており、学校は夏休み、デパートはサマーセールの期間中なのです。

   15.04.09-2.JPG
   観光客はバスの中からパチリ

そして、タイ国内でも有数の国民大移動の時期となるのです。休暇で都会から里帰りをする人も数多いし、反対にこの休暇を利用して田舎から都会やリゾートに家族旅行に出掛ける者も少なくないのです。

   15.04.09-3.JPG
   バスタオル持参で出掛けるファラン

観光地は「水合戦」を目的にパタヤやチェンマイに来られる客が多くなります。今まではファランが目立ってましたが、今年は絶対に中国人が我儘顔で猛威を振るう気がしてなりません。マナーゼロの中国人が多くなると雰囲気を壊すこと間違いありません。

   15.04.09-4.JPG
   金髪ビキニの方がチャイニーズ観光客よりありがたい

やっぱりロシア人のビキニの方がありがたいですよね。サバイサバイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 01:07| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

海風の爽やかさ

   15.04.08-1.JPG
   やっぱり海の傍は最高である

今朝、7時にはパタヤの親友宅に到着していた。シャワーを浴びて朝食、それも久しぶりの英国式朝食。

本物のハム、ソーセージ、エッグ、ローストポテト。インスタントではない挽いた豆の本格式コーヒー。ありがたい限りである。

親友は去年後半よりずっと力を落としていて、体力不足は否めない。そして、眠り癖が付いているようだ。

だが、彼より10年弱若い私も彼同様に眠り癖が付いており、二人共、朝食後にお休みした。

私は今回は休暇と位置付けているが、カミさんには別の口実でやってきたので、辻褄を合せなければならない。

そのために午後、隣町のジョムティェンまで出掛けた。一緒に行くというので親友と一緒だった。

   15.04.08-2.JPG
   ジョムティェンにある入管事務所も懐かしかった

用事とは、実は英語で書く書類をタイ語に翻訳してもらうことなのである。書類というのは「遺書」と「リヴィング・ウィル」のことである。以前からずっとやっておきたかったのだが、いざとなると書式も分からず、結構面倒なので、伸ばしていたのだ。

今日の用事とは翻訳に係る日数と料金の確認である。それが分からないと自分の休暇の予定が立てられないからである。

ソンテオに乗りビーチロードに出ると爽やかな海風が吹いていて気持ち良かった。やっぱり私はパタヤが大好きなのだ。残念なのは交通量が増えてしまい、街の風景も変わるのが早いことである。

客層がかつてのファラン中心からインド人、中国人が中心になっているのは好きではない。すでに街の雰囲気も変わってしまった。個人的中国人にも良い人はたくさんいるだろうが、団体になると「嫌われ者」になるのはよく分かる。何故なら、行動規範が自国にいる時のままなのだから。

やはり、一番良い時期にパタヤで暮らしたと思っている。こうして、時々、訪ねるだけで十分と言えば十分であり、「また、来たいなあ」と思えるのが嬉しい。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 01:36| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

時計要らずの人々

   15.04.06.JPG
   基本的に時計無しで暮らしが成り立つのじゃ

都会人や会社勤めのタイ人ならいざ知らず、それ以外の一般的なタイ人は実にのんびりしている。特に地方に住む連中は「時計が要らない」くらいである。

事実、タイ東北部、イサーンの県庁所在地に於いて体験したことがある。私は基本的にどんな時でも腕時計はしているのだが、その時は生憎、電池切れしていて時計を持たずに出た。

街中の市場の隣のセブンで買い物をして外へ出てきた。その時、「何時くらいかなあ?」と時計を持っている人を探したのだが、周囲にいる人々の腕を観たが誰も時計をしていなかったのだ。(笑)

前述したとおり、会社勤めでもなければ、役所でも自営でもまったく同じ。基本的には時計で生活を営んでいない。

何時から何時までというスタイルではなく、「だいたいの時間」、もっと言えばお天道さんと一緒なのだ。余暇というのは「余った暇」と書くが、その意味では「人生が余暇」といっても大袈裟でもないくらいである。(笑)

だからと言って時間で約束が無い訳ではない。ただ、あってもそれが非常に緩〜いのである。即ち時計要らずの人々なのである。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

posted by ミスター・ウォーク at 00:19| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ人の驚くべき真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

怖い物見たさ

   15.04.05.JPG
   期待外れとも予測通りともいえる不味い紅茶

バス旅行中、途中の土産屋に止まることはよくある。運転手の食事と休息の時間である。最近の新しい会社は別としても、既存のバス会社のほとんどは、停車時間の案内などしない。私は降りる時に必ず、どの程度の休憩時間か聞くようにしている。

さて、この土産屋に立ち寄ると、私は食堂で食べる気にはならないので、だいたいタバコを吸って終わりである。時間が余ると、買う物がある訳じゃないが、見て周る。土産は買うとしても相手がタイ人の時だけ。日本人やファランの友人たちに買うような物は今まで一度も見たことはない。

ある時、「オールド・ブラック・ティー・アヨタヤ」なるドリンクを発見。タイの飲み物のほとんどが甘味で糖分がたくさん入っているので、ほとんど手を付けない。この紅茶を初めて見た時、心にどこかに淡い期待を持っていたのかも知れない。

その一方で、「いやいや、絶対に美味しい訳がない。ただ甘い砂糖水のようなものだ」と否定する自分もいた。砂糖水のお茶もどきなら買うことは無いのだが、つい「怖い物見たさ」で買ってしまった。

蓋を取り、一口飲んでみると「やっぱり」とすぐに栓を戻してしまった。案の定、砂糖水だったからだ。そのまま飲まないで、家に持ち帰り冷蔵庫に入れたら、ずっと入っていた。誰も飲まなかったからだ。サヌック・マーク!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 01:36| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サヌック・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

変わる客層

   15.04.04.JPG
   再投資されてモダンになるソープランド

パタヤのソープランドというとバンコクとは大違いで、どちらかというと年増の「玄人」ホステスが多かった。しかし、パタヤのソープランドに限って勢いは増しているようだ。

以前はセカンドロード、ビッグCの近辺に三軒くらいがメインであったが、今ではソイ・ハニーにもソイ5にも新しくできている。(と、言っても数年経ってはいるが)

日本から客人が来ると、一応、中を案内してあげるのだが、残念ながら、中高年日本人はあまり元気が無いようである。

さて、このソープランド、現在のメインの客は何といってもインド人であろう。比較的英語を話せるインド人であるが、ホステス口説きは得意ではなさそうだ。即ち、「全て込み」のソープランドの方が手っ取り早いのだろう。

そして、今では少しずつ認識も変わりつつあるようだが、昔からインド人とアラブ系は人気が無かったのだ。いろいろ理由はあるが、「臭い、ケチ、ど助平変態」という三拍子に起因しているようだ。これは私がタイ人女性から直接聞いていたことだ。

しかし、そこはそこ。何と言ってもお金の威力でんがな。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:18| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

マンション買って飛び降りる??

   15.04.03.JPG
   外国人のマンション所有は多いけれど・・・

56歳の豪州人がマンションから飛び込み自殺のニュースである。詳細は調査中らしいが、すでに「金と女」が示唆されている。タイビザニュースの投稿者たちからは返信メールに「詳細も分からずに金と女で片付けるのはタイメディアの常套手段だ」との声も聞かれる。

男と女の問題には、大概「金と浮気」が原因とされる。それは何処においても不思議ではないのだが。

私が遺憾に思うのは、マンションを買うくらいのお金があるのなら、それほど資金で困っているようには思えないということだ。これが男にせよ女にせよ「浮気」が原因なら、男女の葛藤であるから失望の理由は分かる。

だが、今言った通り、マンションを買えるくらいなら、資金が問題で自殺と言うのはしっくりこない。だったら、とりあえずマンションを売ればよいではないかと思ってしまうのだ。

当然と言えば当然で、すぐに現金化できない場合もあるだろうし、売価が値下がりってこともあるだろうが、それでもゼロではないはずだ。

私からすると、マンションまで買ってタイに住もうという人が自分所有のマンションで飛び込み自殺というのは滑稽に見えてしまうのだ。亡くなった方にはご冥福をお祈りする次第である。ゴーイング タイ ウェイ!

PS 記事の最後に最近、ファランの自殺が目立つという指摘がある。70歳の米国人や24歳のスウェーデン人もマンションから飛び込み自殺したとある。

Australian businessman killed in condo fall
Bangkok:- A 56-year-old Australian businessman fell to his death from the rooftop of a Bangkok condominium in what believed to be a suicide, police said.

Pol Lt Preecha Polsa, an interrogator on duty of Thung Mahamek police station, identified the Australian as Ellis Moate.

Preecha said he was alerted of the fall from a condominium on Soi Silom 3 in Bang Rak district at 7:30 pm.

He rushed to the scene with scientific crime detection officers, a doctor on duty and rescuers from a foundation.

The officials found the body on a tennis court on the eighth floor of the 26-storey luxurious condominium. Moate was lying on his back and he was wearing a blue shirt and black trousers.

His Thai wife testified to Preecha that Moate was a businessman and he had just returned from Australia on March 19. The couple were staying on the 17th floor.

The wife said Moate also worked as a tennis tutor for residents of the condominium.

Preecha said it was preliminary believed that Moate jumped from the rooftop of the condominium and it was an apparent suicide.

Preecha said the Australian might have financial difficulty or might have quarreled with his young Thai wife.

Preecha said police will check footage from security cameras and will further question the wife after she gets over her grief to determine the motive.

Several foreigners’ suicides by jumping from condominiums have been reported recently. For example, a 70-year-old American jumped from a condominium on Soi Pridi Panomyong 14 on January 24 and was killed.

On December 20, a 24-year-old Swedish tourist jumped from the Beverly Tower on Soi Sukhumvit 11 and was killed.



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:07| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

30年以内にバンコク水没

   15.04.02.JPG
   パタヤの高層マンション

専門家の指摘によると、海面の上昇で30年以内にバンコクが水没する危険性があるという。

バンコク全土には及ばなくても、部分的なことは十分言えるのではないだろうか。元々、低地であり、かつては水路で結ばれた都市だったのだから。

西洋人が入ってくるようになって、主な水路が埋め立てられ道路となったと聞いている。

話は変わるが、数年前にタイ人の親友とホアヒンに行ったことがある。その時、滞在した親友の知人のコンドミニアム。所謂マンションであるが、高層ビルの上階から観るシャム湾は美しかった。

景観を楽しんでいると、親友が下を見ながら言った。「ねえ、数年後には浸食で海がこの下まで来るそうよ」

親友は以前にもこのマンションに来たことがあり、すでにかなり浸食が進んでいると言った。

なるほど、長期になると不動産の価値がどう変わるのか想像もできないとその時思った。

タイビザニュースでも度々見掛ける相談だが、不動産投資は十分な情報集めが欠かせない。ゴーイング タイ ウェイ!




An expert predicts Bangkok will be partly submerged in the next 30 years

BANGKOK: -- Parts of Bangkok are at risk of getting submerged permanent in the next 30 years because due to land subsidence coupled with rising sea level, said Associate Professor Vichitbusaba Marom, a town planning expert at Thammasat University, on Friday.

She pointed out that sea level has been rising at an average of 5 mm annually while land in Bangkok has been subsiding at an average of 2-28 mm a year with the western side of the Chao Phraya river subsiding at more than 10 mm annually compared to an average of 15 mm on the eastern side.

Land subsidence in industrial areas is faster, averaging 30 mm a year, said the professor, adding that this means, in the next 30 years, parts of Bangkok will be under water.

She pointed out that another factor contributing to greater risk of flooding is rain and water runoff from the north and quick urban development such as construction of buildings that block the natural flow of water.

Source: http://englishnews.t...e-next-30-years
#2 trogers
I thought this is already happening at Samut Sakhorn area, southwest of Bangkok.
#3 ourmanflint
is this being reported as good news or bad news?
#4 Costas2008
"And God said to Noah, 'I have determined to make an end of all flesh; for BKK is filled with violence through them; behold, I will destroy them with BKK. Make yourself an ark of gopher wood; make rooms in the ark, and cover it inside and out with pitch. This is how you are to make it: the length of the ark three hundred cubits, its breadth fifty cubits, and its height thirty cubits. Make a roof for the ark, and finish it to a cubit above; and set the door of the ark in its side; make it with lower, second, and third decks.

"For behold, I will bring a flood of waters upon BKK, to destroy all flesh in which is the breath of life from under heaven; everything that is in BKK shall die. But I will establish my covenant with you; and you shall come into the ark, you, your sons, your wife, and your sons' wives with you.

"And of every living thing of all flesh, you shall bring two of every sort into the ark, to keep them alive with you; they shall be male and female. Of the birds according to their kinds, and of the animals according to their kinds, of every creeping thing of the ground according to its kind, two of every sort shall come in to you, to keep them alive. Also take with you every sort of food that is eaten, and store it up; and it shall serve as food for you and for them.
#5 Fiddlesticks
Bangkok is vigorously combatting the gradual submersion of its 'lovely' city by methodically introducing layer upon layer of garbage. It is apparent that Thais believe that only by covering their city with copious amounts of garbage can they save their fair city. Unfortunately some of their valuable garbage has been washing away into the khlongs during heavy rainfalls but, thanks to the prayers to Buddha, they precious garbage is being kept from washing away by grids designed to catch their precious trash before it is swept away to underserving places like Pattaya.
#6 DNPBC0
Does the present regime accept this forecast - especially since other data suggest that BKK will be largely underwater much sooner, ie within the next 15 years? If so, what exactly are they doing to mitigate the likely disastrous consequences? If they don't accept it, what are their reasons for this and who will be accountable if they are wrong?



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 13:58| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

暇とお金がある方へ

   15.04.01-1.JPG
   これを見ると「あっち系」だと思うでしょう

パタヤに住んでいても意外と近所の観光場所に行かない人も多い。在住者の中にはほとんど毎日、近所の(飲み屋でなく)カントリーストアやローカルな店で昼間から飲んだくれている老人連中も少なくない。

せっかくだから、何処かへ行ってみるのも、刺激となって良いものだと思うが。

さて、ちょっと面白い場所と言えば、ノースパタヤからスクムヴィットに出てすぐ、ミニサイアムである。

   15.04.01-2.JPG
   実物のアブシンベルの迫力には劣るが雰囲気はグッド

関東地方に住む人なら、栃木県の今市市近郊にある東武ワールドスクエアを思い出してもらうと分かり易い。もっともミニサイアムは日本にあるように緻密にはできていないので精巧性を期待しないでもらいたい。いい加減というか、かなりアバウトな出来である。

このミニサイアム、入口の看板にハングル文字が書いてあるところを見ると、どうやら韓国人の経営のようである。

料金は随分前のことなので忘れてしまったが(多分、一人B500程度払ったような気がする)、パタヤ近郊でデートするなら、お勧めの場所である。

近くて便利、雰囲気は「世界一周」「タイ一周」のイメージが持て、付き合い始めの方やタイ人家族を御持ちの方には意外といけるのじゃないかと思います。

ポイントとしては、日中の炎天下を避け、夕方に行くこと。三時半から四時頃到着するとベストでしょう。最近の日没時間は六時半ですから、丁度良い時間帯ですよね。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:16| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホワイトラグジュアリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。