2015年01月31日

飛び込んできた情報

   15.01.31.JPG
   最初から選んだ相手が悪かったキース

またまた別れ話のニュースが飛び込んできた。今度はキース(英国人)とローズ(タイ人)である。ロースがキースに「三行半」を突き付け、飛び出てしまったというのだ。

6、7年前に結婚したのだが、キースはタイに移住して来ず、英国とタイを行ったり来たりの生活だった。このスタイル、どちらかと言えば非常に危険なスタイルだと言えると思う。

相手のタイ人女性がある程度、歳をとっている場合はそれほど問題にならない。しかし、相手が若い女性となると危険である。何故なら、母国とタイを行ったり来たりというと、若い女性が「盛り」を迎えるからである。

別にタイ人だからということではないが、タイ人女性もセックスに関しては実に大らかなところがある。相手の男が母国に帰っている間に別の男とできてしまうことは多々ある現実である。

そして、旦那の方には「あれが要だ、これが欲しい」と金品を強請るのである。一方の男の方は浮気でもされたら堪らないとばかりに送金、送金、また送金となって行くのである。

聞くところによると、キースも同じパターンだったようだ。つい先頃聞いた話では、ローズの要求をキースが拒んだために関係が完全に悪化したということだ。

そして、今日、入ったニュースでは遂に彼女が住んでいたアパートを出て行ってしまったらしい。

タイに住む気がないのなら、結婚などせずに普通の男女関係のままでいた方が無難であると考える。絶対の男の方が熱くなってはダメなのである。女性の方が強かであると心得るべし。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:14| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 押さえておきたいタイの相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

やっぱり拙者の好みであった

   15.01.30-1.JPG
   バンコク行きのナコンチャイ・エアのスチュワーデス

先週一週間、久しぶりのバンコク・パタヤ一人旅、実に爽快で楽しい旅だった。親友、デル・ボーイと私が合体するのであるから、こちらは文句無しには違いない。

その詳細は後に譲るとして、今回利用したナコンチャイ・エアの長距離バスにはスチュワーデスが乗っていたのです。

   15.01.30-2.JPG   
   カラシンの食事休憩時、眠ってしまったのかな?

行きも当然帰りも同じですが、村に遅れて到着したバンコク行きのバスから降りてきたのは「可愛い子ちゃん」のスチュワーデス。いつぞや日本でミニスカートのスチュワーデスの新ユニフォームが話題になりましたが、彼女の纏っていたユニフォームがまったく同じミニスカート。

思わず元気が出てしまいました。そして、そのスチュワーデスが車内案内を始めるとすでに乗っていた若いタイの男性客から冷やかしともとれる遣り取りがあり、照れたり笑ったりとても可愛い仕草で見とれてしまいました。

「一寸見」可愛いくらいに思っていましたが、目が悪い私は家に戻ってからパソコンでじっくり彼女を見てみると、やっぱり可愛いのです。

因みにバンコクのモーチットで気付いたことですが、規制緩和があったのか、新しいバス会社が続々誕生し運行を初めていたのです。そして、そのどれもがスチュワーデス付きなのです。

   15.01.30-3.JPG
   新型メルセデスのバスは快適でした

それなりに見渡したところ、このナコンチャイ・エアのスチュワーデスが一番可愛い子を揃えているようでした。スワイ・マーク!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:10| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ美少女紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

バンコクの朝とルンピニ公園

    15.01.29-1.JPG
    都会が目覚める前の美しさ

パスポート切り替えの為、深夜バスで田舎を発った私はバンコクのモーチットターミナルに5時半に到着した。

辺りはまだ薄暗く、まだ朝という感じはしなかった。当初、予定していたのはモーチットからMRTかBTSの駅まで行き、それらを利用して大使館のあるルンピニまで行く行程だった。

しかし、市バスのターミナルへ行くとタイ語は読めないが、英語ルンピニと書かれたサインを見つけた。そこで、市バスの方が地下鉄やモノレールより安いだろうと77番のバスに乗った。

パトゥナムなど知っている道路を走りながら車窓から見るバンコクはかつてのガイド時代を思い出させてくれた。

辺りも少しずつ明るくなってきた。午前7時にはルンピニ公園に着き、車掌が降りるように合図してくれた。驚いたのはバス料金、たったの16バーツだった。これだから市バスは止められない。

    15.01.29-2.JPG
    公園にはすでにジョギングする姿も見えた

しかし、下ろされたルンピニ公園は大使館と反対側。時間もたっぷりあったので、歩くことにする。

公園を見渡すとすでにジョギングをする人や散歩の人で一杯だった。このルンピニ公園、東京で言えば日比谷公園、ニューヨークならセントラルパークと言ったところである。

    15.01.29-3.JPG
    見事な散らかしっ放しの光景が

公園内を走る連中を見ながら足を進めると広場へ出た。そして、そこで目にしたのが、驚くほどのゴミ。そこら中ゴミだらけなのである。都内でも有名な公園である。前日に何かの集会でもあったのか、或いはコンサートのようなイベントか?いずれにしても、そのゴミの量を見れば、「なるほど、タイランドだ」と思ってしまう人もいるかも知れない。やはり、それもマイペンライなのか。


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:24| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マイ・ペン・ライ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

ノー・ビーチチェアとパラソル

   15.01.28-1.JPG
   デッキチェアもパラソルもきれいに閉じられ

丁度、一週間前の21日は水曜日で二度目の「ノー・ビーチチェア・デー」であった。

まあ、賛否両論は付き物だが、個人的には良い試みだと思いながら出掛けてみた。

行く途中、一緒に乗り合わせたドイツ人夫婦は「パラソルが無いので陽に当たるので行かない」と溢していた。日焼けを嫌う人には残念なことであろう。

   15.01.28-2.JPG
   砂浜が戻ったパタヤビーチ

さて、ソンテオがドゥシットホテルの脇を通り、ビーチロードに出ると昔のパタヤを思い出させるような光景が広がっていた。

私が最初にパタヤビーチに来たのが1984年頃であるから30年も大分前のことである。元々、ビーチの砂浜はそれほど広さは無かった。だが、最近は浸食も進み、益々ビーチの幅は狭くなっていた。

   15.01.28-3.JPG
   日光浴ファンには砂浜の方がありがたい

そして、デッキチェアとパラソルビジネスも北から南までほぼ数珠繋ぎ状態で、砂の上にタオルを敷いてゆっくり日光浴をしたい人には不向きになっていたことも事実である。

毎週水曜日と週に一度という試みなので、それくらいは良いのではないだろうか?個人的には水膨れ状態になったビーチチェアよりは広々とした砂浜の方が好きである。サバイ・サバイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:15| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

ソイ6再考

   15.01.27-1.JPG
   ソイ6と言えば「チョンの間」で有名

先週月曜日の午後、パタヤ入りして、土曜日までの滞在は時間的にも前回よりゆっくり堪能できたと言えるだろう。

何しろ前回11月の時は、バンコクで米国から来た旧友二人と別々に会うことになり、その足でパタヤに向かったが到着は夜になってしまった。一泊して、翌日、用事を済ませ夜のバスで田舎へ戻ったのだから、ほとんど時間は無かった。

さて、今回はソイ6に二度、そしてお隣のラヨーン県のバンチャンまで足を伸ばした。バンチャンと言えば知る人ぞ知る「アフター・ゴルフ」のメッカでもある。それに関しては後述することにして、今回はソイ6について書いてみたい。

   15.01.27-2.JPG
   最近は撮影されるのを嫌う子が多くなった

ソイ6と言えば「チョンの間」通りで有名であり、在住者もお忍びでやってくる。彼女や奥さんなどと一緒にソイ6に行くことは絶対に控えたい。どんな声を掛けられるか分かったものじゃない。

チョンの間と言えばショートタイムを指すが、ロングで連れ出しができない訳ではない。若い子はむしろショートタイムより契約のロングを好む傾向にあると言えるだろう。私は何ともソイ6のホステスとウォーキングストリートなどでお客と一緒のところに遭遇したことがある。

最近の傾向として、ホステスたちの勤務態度は最低である。何故なら、ほとんど全員がIフォーンを手にしてネットやチャットに興じていて、通りを歩いているお客に関心を示さないからだ。

積極的に勧誘してくるホステスは「訳あり」も多く、現金に苦慮しているのかも知れない。

   15.01.27-3.JPG
   冷やかして歩くのが一番安くて楽しいかも知れない

気に入った子にやっと出会って、店の中へ入っても、「早く、早く」と二階に上がることを進める子が多く、座って会話を楽しもうと思っても全然楽しくないことも多い。接客業の「せ」の字も見せないホステスが若い子には多い。

昔のように、二人で座って楽しいいちゃつきなど夢のまた夢。まあ、そうなりたいなら、時間を掛けて、何度も足気に通うほか方法は無いようである。

元々「チョンの間」通りなのであるから、あまり期待せずに気に入った子がいたら、さっさと二階にしけ込むのがベターであると悟った。さもなくば、店の前に掛けている女の子に声を掛けて冷やかしで歩くのが遊びとしては楽しい。ノー・コストで遊べる。サバイ・サバイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

羽を伸ばした一週間

   15.01.26-1.JPG
   昔馴染みのドラム&モンキー・バー

ご無沙汰いたしました。ほとんど毎日書いているブログですが、一週間ほどお休みしました。

実は10年有効のパスポートが今年で切れるので、失効する前に切り替えにバンコクの大使館まで行って参りました。

しかし、流石に日本は凄い国ですね。たった三日で切り替え更新が完了しました。月曜日に申請して、木曜日の朝にはできているのですから。

豪州人の友人に聞いたところ、彼が豪州でパスポートを受領できるまでに一カ月、それがバンコクの大使館では10日間で受領だというのです。私が「三日間」だというと彼は驚いて「そんなに早いのか」とびっくりしていました。

しかし、それからが大変でした。木曜日のその日の内に、今度はパタヤ南にあるジョムティェンの入管まで行き、旧パスポートから新パスポートにビザの移し換えが必要なのです。

来月にはリタイヤビザの更新があり、新パスポートへの移し換えはビザを発給した入管でないとできないとなっているからです。翌日に申請する予定でしたが、それだと土日を挟むことになり時間と経費が掛かります。

   15.01.26-2.JPG
   ピンクのドレスが可愛いと見とれていると・・・

エカマイからミニバンに乗り超特急でジョムティェンまで引き返し、その日の内にビザの移し換えの申請を済ませ、翌日、金曜日に無事受領できました。完全に無料でした。

そして、帰りまで親友デル・ボーイと一緒にぐるぐると周りました。特に今回はソイ6が多かったです。

最後の金曜日の晩には別の親友ボブ爺の69歳の誕生祝いが、馴染みのドラム&モンキーであり、招待されました。ドラム&モンキーと言えば、時々、滅茶苦茶若いホステスを雇っていることがあり、名所でございます。

   15.01.26-3.JPG
   翌朝のウェイトレスが同じ子だったのです

今回も可愛い子がいたので、積極策に打って出ようとしたら「ママ付き」でした。残念でした。でも、可愛かったですよ。翌日、ファーマー・ジョンがドラムで朝食を摂っていたので、立ち寄るとウェイトレスは何と前日会った可愛い子でした。この時は「ママ抜き」だったので、チャンスでしたが、「時間切れ」となってしまいました。何としても来月、パタヤへカムバックしたいと計画しています。サバイ・サバイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利



クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:20| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

決死の白タク利用

   15.01.25.JPG
   白タクとはハイエースのようなミニバンで疾走するのです

無事、全ての日程をこなし実家に戻ってこれた。しかし、それにしても、危うく命を落とすところであった。
タイへ来られた方はご存知だと思うが、公共の乗り物にはバスやタクシーがある。そして、その他に「ロット・トォー」と呼ばれる真っ白いミニバンがある。

数多く走っているので見たことがある方も多いことだろう。ボディーには行き先などの区間がタイ語で書いてあるので、旅行者には利用しずらい乗り物である。

タイ在住者でも、外人の利用客は多いとは言えない。しかし、場所や区間によってはファランに限らず中国人や韓国人などの利用客もある。

タイでのニュースをチェックしていると、この白タクの事故が非常に多いのである。ミスター・ウォークこと拙者はその危険度を知っているので、利用するのは限られた場合だけである。

しかし、今回の滞在ではバンコク−パタヤ間を2往復することになったのだが、その内二度はこのミニバンを利用せざるをえなかった。

ロット・トォーの利点は「早い」「値段が高くない」「便利」などであるが、決死の覚悟で乗らなければならない。

私は早朝、バスでパタヤからバンコクの大使館へ赴き、無事パスポートの切り替えを終え、新しいパスポートを受け取った。そして、その足でパタヤの先、ジョムティェンの入管まで戻り、ビザの移し換えの作業をしなければならなかった。

当然、その日の内ということでスピードが要求された。エカマイのターミナルからエアコンバスはジョムティェンビーチまで行っていないことが判明。そこで、覚悟してこの白タクを利用することにした。

運転手の親父が年寄りで、途中、猛スピードで走りながら車間距離を開けないので、あわや衝突となるギリギリのところだった。本当の「夜6時のニュース」になる寸前であった。

今回は親友デル・ボーイと隣の県まで遊びに出掛けたりして、四度ほどこの白タクを利用したが、最後のパタヤ‐バンコク区間を除き、危険度満点の白タクであった。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 21:11| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | パタヤ危険情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

ビーチチェアが消えるパタヤ

   15.01.18-1.JPG
   あまりに多過ぎるビーチチェア

パタヤを訪れた方はご記憶にあろうかと思いますが、ビーチは非常に狭いのです。そして、その狭いビーチに北はノースパタヤから南はウォーキングストリートの入口まで、ずーっとビーチチェアとパラソルが並んでいる訳です。

まあ、海の水がそれほど綺麗という訳でもないので、美しいビーチを期待しない客には問題はありませんが。それでも多くのファランたちは日光浴が好きなので、ビーチに繰り出す訳です。

   15.01.18-2.JPG
   日焼けするのが嫌なタイ人と違いファランは日光浴を楽しみたいのです

パタヤのビーチも浸食されて、どんどん狭くなっています。そこで、パタヤの役所がトライアウトとして、毎週水曜日を「ノー・ビーチチェア」に指定して、この日だけは海岸からビーチチェアの撤去を決めたのです。

多くの観光客は店側との料金トラブルなども考慮に入れて、ビーチチェアを利用しないことも多いのです。

利用されないビーチチェアで狭い海岸を占拠されているような状態を改善すべく取り入れられたこのアイデアはすでに好評だということです。

   15.01.18-3.jpg
   ノー・ビーチチェアはおおむね好評です

個人的には私はこのアイデアに賛成ですね。今まではビーチチェアの占拠されている部分があまりにも大き過ぎました。二三か所、部分的に許可して、残りは一般に開放されるべきでしょう。

その方が観光客にも地元の余暇をエンジョイしたい連中も喜ぶでしょう。もっとも、ローカルの連中は日に当たるのを避けて道路であっても椰子の木の木陰にゴザを敷いて座っているのがスタイルですが。

今までだって、やろうと思えば「共通の料金設定」などできたはずです。それをしなかったのは、色んな「利権」が絡むのでしょう。いずれにせよ、ビーチフェアが無くなっても困るという人は(店側の連中を除けば)そう多くはないと言えるでしょう。サバイ・サバイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:13| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

イエー、薄着になれるぞー

   15.01.17.JPG
   一週間パタヤで薄着になれる喜び

先月から寒くなった田舎で、まさかの「冬支度」で暮らしている。本当に信じられない。長袖のシャツにジーンズ、そしてなんと股引まで履いている始末。

パタヤでの7年間、長袖のシャツなどほとんど着た記憶がない。兎に角、冬物など日本に帰国する時のために持っているだけである。

ずっと夏服で生活していた快適さは、このイサーンに越してから悉く打ち砕かれてしまった。

暑いのが嫌いな人には丁度良いかも知れないが、私のように「暑さ大好き、寒いのが大嫌い」な人にとってはちっとも良くなんかない。

「寒い所で暖房を付けながら熱燗で一杯」というより「暑い所でクーラーを掛けながら冷たいビールをごくん」の方が私は好きなのである。

そんな中、いよいよ明日からバンコクである。事情は戻ってからゆっくり書くことにするが、約一週間、下手をすれば10日間くらいは留守にすることになる。この寒さから解放されると思うとウキウキである。

今回はパソコンを持参しないので、ブログの方も少し、御休みをいただくことになります。

全て、事が上手く運びますように。サバイ・サバイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:10| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サバイ・サバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

出現!物漁りするファラン

   15.01.16-1.JPG
   パタヤのビーチロードのゴミ箱を漁る白人

去年の3月くらいだったと思うが、パタヤのビーチロードで意外な物、というか人を見掛けてしまった。

ご存知の方も多いと思うが、パタヤのビーチロードのあちこちに大きなゴミを捨てるカートが置いてあり非常に便利である。頻繁に回収に来るし、ビーチでゴミが出てもすぐ傍にあるので、使い易い。

さて、その便利なカートなのだが、パタヤならではという光景を目撃してしまったのだ。

通常、「物漁り」というと、経済的地位の低い貧困層なのでタイで考えるならまあアジア人ということになろう。しかし、私が目撃したのはファラン、つまり白人の物漁りだったのである。

   15.01.16-2.JPG
   落し物を探しているわけではあるまい

この辺が「パタヤらしい」ということなのだが、それくらい外人が多く住んでいるのである。多くの一般的タイ人は「ファラン=金持ち」という概念が独り歩きしているが、その半数近くは限られた年金暮らしということはあまり勘定に入っていないようである。

物価もこの数年、値上がりしており、十数年前と比べるとそれぞれの自国通貨の貨幣価値と物価の反比例、購買力が下がり、物の値段が上がるという逆境が続いている。

生活に苦しくて物漁りになっているファランの姿からは、そういった事情が見えてくる。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:36| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

師匠トニーのナンパ術

   15.01.15.JPG
   タイ語が話せない師匠トニーは英語一本槍

二年前に他界した私の師匠トニー、思えば本当に愉快な人でした。私がトニーと出会ったのが、かつて住んでいたノースビーチプレイス。彼は一階の一番手前、一番良い部屋を借りていました。

私は当時、日本とタイを行ったり来たりしている時で、その時、色んな情報をトニーが教えてくれたのです。

特にトニーと何かをしたということは無いのですが、互いに無理のない付き合いをしていて、4、5年前には毎週日曜日に二人で飲み歩くという時期もありました。

そして、その時に師匠トニーのナンパ術を見せてもらったのです。パタヤではソンテオが非常に便利で10バーツでだいたい何処へでも行けるのですが、当然、街中で働いているバーのお姉ちゃんたちも数多く利用します。

そして、トニーはそのソンテオの中でナンパするのです。別に特別なことはありません。ただ声を掛けるだけです。師匠トニーのタイ語は簡単な単語だけで話しはできません。ですが、トニーはタイ語で挨拶をすると後は全部簡単な英語で通すのです。特に飲み屋の姉さんたちが話すタイ式英語です。

挨拶の後は必ず「Where you go ?」と切り出します。答えが帰って来ると、数時間後には彼女の勤めているバービアに顔を出すのです。

その後は、都合を良いことを並びたて、全て「後払い」スタイル。この方法で結構やってました。別れる時が少々大変なだけです。如何ですか?皆さん、私はあまりお勧めしませんが、最初のソンテオの部分は使えますよ。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:34| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | ソンテオ物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

旦那の怒り=釣銭は俺に返せ

   15.01.14.JPG
   どんなに甘い関係でも財布は別々だからね

タイビザニュースの投稿からである。相談とも愚痴とも言える内容なのだが、愉快だと思ったので取り上げてみる。

ファランの旦那とタイ人の奥さん、どこへ行っても旦那が支払いをするのに釣銭を奥さんに返されるので頭にきている様子。

昔、学校で白人(多分記憶ではアメリカ人夫婦)のカップルは旦那が財布を握っており、奥さんには一定の金額を渡し、残りは旦那が管理するという風習である。

良く白人夫婦が揃って買い物に行くのを「仲が良い」つまりラブラブであるという表現は間違っており、奥さんは旦那が一緒じゃないと買ってもらえないという状況を無視した観察だということである。

日本人夫婦の場合は、概ねその正反対で、奥さんが財布を握っており旦那が小遣いをもらうというスタイルなのではなかろうか。

さて、タイ人同士のカップルは分からないが、この投稿者の白人男性のように、財布を自分に握っており、支払いも自分が払っているにも関わらず、どこへ行っても釣銭は奥さんに返されるらしい。

この男性の怒り、私には理解できる。私個人的には、毎回そういう態度を取られたことはないが、数回の経験はある。

しかし、そういう時、私は自分から釣銭を受け取るようにしている。例えばウェイトレスが釣銭を家内に返そうとする時、瞬時の判断で自分から先に手を出すようにしている。

そうでもしないと、こちたの人は平気で家内に釣銭を渡してしまうからである。この投稿の男性も大人しく、様子を見ていないで、自分のお金なのだから、平気で手を出して受け取れば良いのである。こちらの人は基本的には「何も考えていない」のだから。ゴーイング タイ ウェイ!


I want the change handed back to me.
POPULAR
Just came back from a restaurant that I went to have dinner with the kids as the wife is working.
When we finished, I asked for the bill.
The waitress comes back and gives the bill to one of the boys, 15 years old.
The boy, points at me so the waitress passes me the bill.
I pay and she comes back with the change and gives it to the boy again.
The boy again points at me and finally she gives me back my change.
This is not the first time this has happened to me.
Either I am in a restaurant or in a shop and pay for their services the change are handed back to my wife.
Many times I have asked why and what I get back is a stupid smile.
So many times I was tempted to tell them……look you stupid thing, I paid you I expect the change to be handed back to me and not the other person that is with me.
What is that for?
Thai culture again?
Thais being shy with foreigners?
Or Thais ignoring foreigners treating them as invisible?
Has that happened to you?
How do you feel about it?



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:18| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | よろず相談から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

子供の日にセクシーダンスでお祝い

  15.01.13-1.jpg
   極限に近いミニスカートでダンス

このニュースには笑わせてもらいました。去る10日はタイでの「全国子供の日」となっており、各地でいろんなイベントが開催されました。

そこで飛び込んできたのがこのニュース。場所はタイ南部のトラート県。トラート県庁が雇ったダンサーたちが、薄着の衣装でコヨーテダンスを子供たちの前で披露。これを見た観客がネットに投稿したことから騒ぎが大きくなったというもの。

何てことはない。私が大好きなモーラムダンサーたちである。しかし、この写真を見ると子供の日にしては結構、裸が強調されている気もするよね。どちらかというと「大人の日」に近い感じを受ける。

ミニスカートも丈も最短でまあ、中のパンティーは見放題。これで例の「腰振りダンス」をするのだから、まあ指摘されても仕方はあるまい。

   15.01.13-2.JPG
   ブラジャーもパンティーも見放題でしょ

しかし、この辺が間抜けなところだと思うのだが、このコヨーテダンスなるモーラムダンスは何時でも何処でも見られるダンスなのである。これほどセックスを全面的に前に出したダンスを他では見たことがない。私が大好きなのは「そこ」である。

嘘だと思ったらモーラムのコンサートへ行ってご覧なさいな。ドラムのビートに合わせ、腰を突き出す仕草には大笑いします。サヌック・マーク!


Trat Official Apologizes For Children's Day 'Sexy Dance'
By Khaosod English

Photo of the event in Trat province provided by an audience member.

TRAT − A local official in Trat province has apologized for hiring scantily-clad female dancers to perform at a National Children's Day event on Saturday.

Photos of the women dancing before an audience of children quickly circulated on the internet and elicited criticism of the Trat Provincial Administrative Organization (PAO), which was responsible for organizing the event.

Wichian Sapcharoen, the director of Trat's PAO, said his office hired the band to entertain children for National Children's Day, but did not know the performance would also feature so-called "Coyote dancers," a name inspired by the 2000 American film "Coyote Ugly."



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:17| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | サヌック・マーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

綺麗なのにもったいない

   15.11.12.JPG
   これはシールかも知れないが・・・

何度か書いたテーマになるが、若い女の子のタトゥー、つまり刺青はどうもいただけない。

まあ、何事も好みの問題と言えばそれまでなのだが・・・・。

ましてや「余計な御世話」と言われればそれまでである。

しかし、個人的には好みではない。せっかく綺麗な肌を汚して何が面白いのだろうかね。

もっとも、以前会った子が股の丁度パンティーの外に小さな蝶を彫ってあって、あれは可愛いかなって思ったこともあるのは事実なのだが・・・。

この間もコンパニオンの美女二人を見掛けたのだが、私の好みの方の姉さんがやはり背中の肩越しに彫っておりました。シールと見ることもできないことはないのですが。

でも・・・やっぱりタトゥーと英語で呼んでも格好良いとは思いません。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:39| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

テーメーで一杯食わされた話

   15.01.11-1.JPG
   バンコクの有名なテーメーカフェ 

バンコクのテーメーカフェといえば、知る人ぞ知る「出会い系バー」であるが、昔と違い、随分と相場が上がってしまった。

当然、相場を上げたのは日本人客でしょう。まあ、それは昔からのことなので、仕方のないことと諦めて、それでも私はテーメーを覗くのが好きである。

相場と言えば、黙って日本人客を相手にしているタイ人女性の話を小耳に挟んだのが「4000バーツ」だの「5000バーツ」である。恐らくオールナイトの相場だと思うが、パタヤで安く遊んでいた小生にとっては「とんでもない金額」だった。

まあ、そこは自由恋愛なので、「金の力」で勝負するしかない世界なのかも知れない。

だが、元々、大昔からタイを好きな私は「お金だけで動かない」女の子も知っている。そこで、楽しいのがどれほどまで値切れるか交渉である。

   15.01.11-2.JPG
   テーメーの上階はホテルになっている

そういう点ではタイ語ができると、割と楽な面もある。さて、交渉の時、簡単に言い値を言ってしまうのは芸がない。そこで、私はいつも決まって言うセリフがある。

「あなた、幾ら出す?」と聞かれたら、「(俺には)君が高過ぎるよ」と答えるのである。高過ぎると言われることは、それだけ素敵で魅力があると言われるのと同じ、悪い気はしないはず。だからと言って、高過ぎて相手にならないのでは商売にならず。

このような会話で、だいたいこちらの言い値近くで交渉成立というのは多々あった。ホステスの数は掃いて捨てるほどいるのだから、テーメーは本当に退屈しない。

しかし、一度だけ、結構可愛い子に一杯食わされたことがある。スクムヴィットの表から入り階段を下り、ドアを開けると適度な客とホステスがすでに居た。私はカウンターでビールを買い、飲みながら店内をぐるっと一回り。適当に女の子と会話をしながら好みの子を物色していると、ぐっと胸に迫る可愛い子を発見。

前記の要領で話しを進めるとショートでB1500にOKが出た。すると、彼女は「ちょっとトイレに・・」と言って、その場で待ってるよう言い残し、手洗いに行ってしまった。

しばらく待ったが、帰って来ない。戻るというのは嘘だったのだ。私は気になったので、トイレがある階段を上っていくと、上階はルアムチットホテルのロビーになっている。

日本から到着したような青年と腕を組みエレベーターに向かって行く彼女の後姿が見えた。一杯食わされたテーメーカフェであった。ゴーイング タイ ウェイ!
 

パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
 
posted by ミスター・ウォーク at 00:22| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

超緊縮予算でパタヤ滞在

   15.01.10-1.JPG
   極安メニューならセイラーバーの奥にあるセイラーレストラン

前回のバンコク・パタヤ訪問は超短期滞在となったことはすでに書いた通り。何しろ、スワンナブーム空港で30年ぶりの親友と会い、その足でバンコクへ向かい、別の親友と彼女のお母さんに挨拶。

そして、その日の内にパタヤ入りして親友宅に一泊。翌日、銀行の口座解約をしてから買い物、その日の晩のバスで田舎へ戻るという、これ以上短くできないというスケジュールであった。

そして、今回はどうも少々の滞在を余儀なくされそうである。どうやらパスポートの更新に数日を要するらしい。

   15.01.10-2.JPG
   多くのビアバーが閉店したセカンドロード

無二の親友、デル・ボーイの邸宅に泊めてもらうことになっている。やっぱり、長年住み慣れたナクルアは懐かしいだけでなく、便利だし、親友も多い。数日の滞在は楽しいものとなろう。

それから、今回の緊縮予算では、食事もセイラーレストランからクールハウスなど、格安を売りにしているレストランに集中することになるだろう。

西洋料理でも安く提供しているセーラーレストランは今まであまり値上げをしてこなかった。行ってみなければ分からないが、常連でずっと賑わっているとすれば値上げはしていないはずだ。

だが、ロシア人の客が激減しているパタヤなので、いろいろ影響が出ているとも言える。よく行っていたハイデルべルグの朝食はすでに値上げされていた。

   15.01.10-3.JPG
   空いてる飲み屋はムードもイマイチだよね

まあ、贅沢はできないけれど、田舎暮らしが長いので、それでも洋食にありつけるというだけで「贅沢」の範疇に入っている。つまり、パタヤ滞在自体がすでに「贅沢三昧」なのである。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利


クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | How to 50de移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

サコン美女

   15.01.09.JPG
   ドゥシットホテルのフロント勤務

サコンナコンと言えば、イサーン(タイ東北部)でもノンカイと並んで美白美女の多いところである。

同じイサーンでも南のスリン、ブリラム、シーサケットなどは色黒で有名なところだ。

県都サコンナコンにあるドゥシットホテル。MJホテルに次いで二番目にランクされるホテルである。先日、三年ぶりに泊まる機会があった。

随分と改築したようで、昔よりはるかに設備はよくなっていた。

そして、相変らず、フロントには美女がいた。案内も非常に丁寧で、あと数日、延泊したくなるような可愛い子だった。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間



タイのホテル 予約ならココが便利


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ


ホワイトラグジュアリー

ベクノールEX


posted by ミスター・ウォーク at 21:43| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ美少女紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

ちょっぴりHなソンクラーン風景

   15.01.08-1.JPG
   色っぽい白のシャツに黒のブラジャー

ガイド時代からソンクラーン、つまりタイ正月の水掛け祭りは知っていた。だが、観光バスの中から見るだけの水掛け祭りでは知っていることにはならない。

2007年、パタヤに越してナクルアのソンクラーンには度肝を抜かれた。そして、それ以来、この「世界最高」な水掛け祭りに惚れてしまった。

   15.01.08-2.JPG
   参加してみて初めて分かる楽しさです

音楽あり、歌あり、踊りあり、酒あり、美女あり、これ以上の祭りがあろうか?

現地地元の子たちはビキニなど「予め濡れても良い」格好などしない。そのまま上着から水を掛け合うから水掛け祭りなのである。

西洋人はこれを「水掛け競争」と勘違いしている。即ち、女性は初めからビキニを着て参加している。これでは「芸」が無いのである。彼等の合理的判断なのだろうが、文化を理解するにはちっとも役に立たない。

   15.01.08-3.JPG
   自分でシャツをたくしあげてブラジャー公開

びしょ濡れになったTシャツが透けて見える色気。何とも言えないですね。健全な色気ですよ。なるほど、このような祭りが縁で男女が親しくなってく訳ですね。これなら、多少、気弱な少年も話始める糸口を掴めるってもんでえ。ゴーイング タイ ウェイ!



パタヤのお天気一週間



タイのホテル 予約ならココが便利



クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:02| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソンクラーン百景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

誰に道を尋ねるか?

   15.01.07-1.JPG
   大勢の人でごった返すモーチットターミナルだが・・・

ある特定の場所に行きたいが道が分からない。そのような時、あなたなら誰に道を尋ねるだろうか?

自慢ではないが、私はよく他人から道を尋ねられる。多分、「あっ、この人なら」と思われるのだろう。話掛け易い顔をしているのかも知れない。そして、大概の場合、タイ人でもない私が知っていて教えてあげることができるというのは愉快である。

実は自分の場合もそうであるが、誰かに道を尋ねるのであれば、なるべく人の良さそうな親切な人を探す。しかし、多くの場合、他人とのイザコザを好まないタイ人は「関わり合いたくない」というのが基本的心情のようだ。結果的には不親切なのだが。それは特別に不親切ということではない。

その上、多くの場合、聞かれたって知らないので答えられない場合も多いのである。

商売人が多く集まるモーチットターミナルでは、巨大なターミナルなので、必ず誰かに聞かないと目的の乗り場まで中々たどり着けない。私は何度も行ってもモーチットが好きにならないのは、この面倒臭さにある。タイ語がある程度できても、嫌いである。

   15.01.07-2.JPG
   道を尋ねる・・・タイ人ならモーターバイクに聞く場合が多いだろう

まず、親切に教えてくれる人に会うことは難しい。しかし、そのように理解してしまうと意外と事は簡単になる。不親切な奴に聞いてしまった場合、相手の返答などを待たずにその場を離れてしまうのだ。そして、次の人に聞くようにしている。

運が良ければ三人目か四人目には親切な人に教えてもらえるだろう。ダメなら、どんどん良い人に会うまで、遠慮せずに聞きまくることだ。

前回はこの方法で、バスカウンターにいたオバサンに丁寧に教えてもらうことができた。自信をもってきっちり答えられる人は少ないので、すぐに分かる。このオバサンは親切にも乗るバスの番号まで書いて、乗り換えまで丁寧に教えてくれたのである。

逆に良く知らないのに知ったふりをするような人の言葉は信用すべきではない。
間違って全然関係のない方向へ行ってしまったこともある。基本的にタイ人だからといってローカルに詳しいということはない。



パタヤのお天気一週間

タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:08| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ人の驚くべき真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

結婚するフィアンセの名前も知らない

   15.01.06.JPG
   結婚したノイの相手のデンマーク人

「嘘のような本当の話」とはいろいろあるが、私が知る限り、これはタイならでは、ということになろう。

今の家内と一緒になる前のことであるが、別に大喧嘩をした訳でもないが、不満を抱いていた当時、彼女が私の部屋を出て行ってしまったことがある。

どうして良いのか分からなくなった私は家内の一番親しい友達の所へ駆け込んだ。ノイという子は家内より年上で、家内の数少ない友達だった。親友と呼んでも差し支えない子だった。

そのノイは家内の勧めでチェンマイのお寺に出家して、修業を積みパタヤに戻ってきたばかりだった。

ノイは飲み屋のホステスを止め、日中、ビアバーの清掃係として働いていた。私は田舎へ帰ってしまった彼女とどうやって縁を取り戻せるか相談に行ったのだが、ノイは彼氏ができて、結婚してデンマークへ行くとのろける始末だった。

ノイが結婚するという話を聞き、驚いた私はもっと驚くことを耳にすることになる。

「ノイ、それで彼氏(名前)は何て言うの?」と聞く私に対し、ノイは困ったように紙を取り出した。何と名前も覚えていなかったのである。

そんな状態で結婚も糞も無いだろうと普通の人は思うだろう。だが、その後、二カ月、ビザが下りた彼女は彼氏とデンマークへ旅だったのである。

まだこの二人、うまくやっているかって?グッドな質問だね。すでに別れていて、ノイは別の若いデンマーク男とくっつきました。ゴーイング タイ ウェイ!


パタヤのお天気一週間


タイのホテル 予約ならココが便利

クリクリしてくれっちょ蠍座
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
posted by ミスター・ウォーク at 00:23| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ人の驚くべき真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホワイトラグジュアリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。